評価:ヒーラーは2度死ぬのプレイ内容を紹介

ヒーラーは二度死ぬ_評価/感想/レビュー/面白い

こんちは!

今回はPS4 DLゲームのヒーラーは2度死ぬのプレイ内容を紹介したいと思います!

価格は700円くらいで非常に安いが、果たして面白いのかどうか!?

早速見てみよう!レッツプレイ!

ヒーラーは2度死ぬとは

ヒーラーは二度死ぬ_プレイ内容

 ヒーラー(プレイヤー)はある騎士とともに地勢調査に出るところからゲームは始まる。地勢調査中に現れるモンスターの大群。プレイヤーは騎士を補助しつつ、ともにダンジョンを攻略するのだ!

ヒーラーは二度死ぬ_操作方法

 操作方法自体はとても簡単だが、リアルタイムで戦前は動いていくので、非常にシビアなゲームとなっている。一つの選択ミスで大きく戦況は変わる。慎重と緊張のタクティカルゲーム!

ジャンル:RPG
プレイ人数:1

ゲームの流れ

ヒーラーは二度死ぬ_ゲームの流れ

 プレイヤーはヒーラーとなり前衛で戦う騎士を補助する。ウェーブ型の戦闘で、モンスター集団を全滅。あるいは、一発でウェーブを終了させるアイテムを使用することによって次のウェーブに進むことができる。

ヒーラーは二度死ぬ_モンスター

 モンスター集団は最大同時に4体で攻めてくる。騎士が攻撃できるモンスターは前衛のみで、前衛のモンスターを倒すことによって後列に並んでいるモンスターが前衛に出てくる。

 モンスター以外にも様々なアイテムが後列に並んでいることがある。積極的にアイテムを取ることによって次の戦闘に活かすことも可能だ。

ヒーラーは二度死ぬ_魔法

 肝心の戦闘は、プレイヤーが回復魔法を使って前衛の騎士を回復するのがメインとなっていて、MP(マナ)の残りを見つつ、行動していかなければならない。マナは自然回復を待つか、あるいは回復アイテムを使用することによって回復が可能だ。

 そして魔法は回復の他に、騎士の攻撃力の強化などもあり、魔法によってはヒーラーのレベルが上がることでグレードアップをすることが可能だ。

ヒーラーは二度死ぬ_体力

 ヒーラーの対象となる騎士にはそれぞれ部位の体力があり、各部位のHPが0になると部位によって騎士の能力が下がるようになっている。もちろん騎士のすべての部位のHPが0になるとゲームオーバーになる。

ヒーラーは二度死ぬ_ゲームオーバー

 そして、騎士が死ぬ以外にも松明(時間制限)がなくなるとこれまたゲームオーバーとなってしまう。

ヒーラーは二度死ぬ_クラフト

 松明やその他のアイテムは、戦闘中に獲得すること以外にも素材を使用すことによってアイテムをクラフトすることが可能だ。危なくなる前に事前に用意しておこう。

攻めてくるモンスター

ヒーラーは二度死ぬ_モンスター

 攻めてくるモンスターたちはウェーブが進むにつれ凶暴になっていく。モンスターによっては騎士の体を凍結させたり、アイテムを盗んでいくモンスターなども登場する。

ヒーラーは二度死ぬ_モンスターアイコン

 しかし、幸いにもモンスターは次にどのような行動を起こすか頭のアイコンで教えてくれる。どの部位を攻撃してくるか、そして特殊攻撃をしてくるのかどうかを把握したら、優先して倒したい敵をR1で選択して、騎士に倒させることも可能だ。

アップグレード

ヒーラーは二度死ぬ_アップグレード

 ゲームオーバーになってしまうとタイトル画面にもどされるが、それまでにプレイした戦闘は次に活かすことができる。

 アップグレードを使用すると、さまざまなボーナスを獲得することができる。ボーナスを獲得するにはPPが必要で、PPは以前戦闘した結果によってもらう量が変わってくる。

 アップグレードをすることによって、魔法のグレードアップ上限が上がったり、途中のウェーブから始めれたりと様々な恩恵を得ることができる。次の戦闘が有利になるのは間違い無いだろう。

ヒーラーは2度死ぬのプレイ感想

ヒーラーは2度死ぬのプレイ感想

 難易度はちと難しめで、いろいろな選択を迅速にしていかなければならないので、かなり頭を使うゲーム。

 噛めば噛むほど面白くなっていくので、一度ゲームオーバーになっても「次こそはクリアしてやる!」などの気持ちがでてなかなか止めれなくなるくらいには面白い。他のゲームでヒーラーなどをやっている人におすすめ。

 とは言っても、やはり低価格のゲームなのであまりクオリティは求めないほうがいい。

以上、ヒーラーは2度死ぬのプレイ内容を紹介でした!

オンラインではよくヒーラープレイするので面白かったっす。

ああ、はよ回復せんと怒られる〜なんつって。

それでは閲覧ありがとうございやした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す