評価:バトルフィールド1マルチのプレイ内容を紹介

バトルフィールド1マルチプレイ評価/感想/レビュー/おもしろい

こんちは!

今回はバトルフィールド1のマルチプレイにフォーカスを当てて評価!

昔にあった本物の戦争をオンラインで体験してみよう!

ちなみにストーリーをメインに書いている記事はこちら→評価:バトルフィールド1のプレイ内容を紹介からどうぞ!

それでは早速プレイ開始だ!レッツウォー!

バトルフィールド1マルチのプレイ内容

battlefield-1_バトルフィールド1マルチのプレイ内容

 バトルフィールド1のマルチは”第一次世界大戦”が舞台だ。1914から1918年の間を最大32vs32で遊ぶことを可能としている。

 戦闘は基本FPS(一人称視点の撃ち合い)で、乗り物に乗るときだけ、三人称視点や一人称視点に切り替えることができる。

battlefield-1_バトルフィールド1_オペレーション

 今作では、初のゲームルール”オペレーション”が追加。攻撃側と防衛側に分かれて、大規模な戦闘を楽しもう。

 ちなみにオペレーションは、一つのマッチで終了、というわけではなく、複数のマップをわたりながら、実際に戦争感覚を味わえるモードだ。オペレーションでオリジナルの戦争物語を味わってみよう。

 ただし、マッチングしづらくあまりプレイすることができなかった。面白いだけに残念。

battlefield-1_バトルフィールド1_クイックマッチ

 もちろんクイックマッチもちゃんとある。クイックマッチは従来通り、素早くゲームを見つけプレイさせてくれるものだ。

 ゲームルールは合計5つ。どのルールも面白い内容ばかりだ。以下は、クイックマッチにあるルール一覧だ。

【ウォー・ピジョン】

伝書鳩を手に入れて放せ

 10vs10のバトル。伝書鳩をフィールドから見つけ出し、支援砲撃舞台にメッセージを送って敵チームを倒せ。先に3回伝書鳩を送ったほうの勝利。約5分程度

【コンクエスト】

フラッグを占領して守れ。

 32vs32での全面戦争。敵より多くのフラッグを確保し続け、1000ポイント獲得した後、敵を排除したチームが勝利。制限時間付き。1ゲーム所要時間約18分程度

【チームデスマッチ】

生と死を賭けた戦い

 15vs15のデスマッチ。キル数が100達成した方のチームが勝利となる。1ゲーム所要時間約15分程度

【ドミネーション】

フラッグを占領して守れ。

 歩兵にフォーカスを当てた、10vs10の激しい争奪戦。敵より多くのフラッグを確保し、100ポイントを獲得したチームが勝利。所要時間約10分程度

【ラッシュ】

電信施設を攻めるか守れ。

 攻撃チームは敵陣に進行する為に電信施設を破壊するため、電信施設に爆弾を設置しに行く。防衛チームは電信施設を用いて、発見した敵に向けて強力な砲撃を要請することができる。

 攻撃側が10箇所電信施設を爆破すれば、ゲーム終了。所要時間約12分程度。防衛側は結構厳しい戦いになる。

battlefield-1_バトルフィールド1_カスタムゲーム

 また上記のマルチプレイの他に、”カスタムゲーム”なるものも登場。カスタムゲームでは、”ある条件付き”のルールになる。例えば、霧が多く視界に制限を加えたステージといったようなステージでマルチプレイを楽しむことができる。

ジャンル:FPS
プレイ人数:1~64

兵科

battlefield-1_バトルフィールド1_兵科

 戦場を駆けるプレイヤーの分身、”兵科”。バトルフィールド1マルチでは、6種の兵科と戦況を大きく変えることができる3種のエリート兵科が登場する。

 プレイヤーは自分に合った兵科を選択して、戦場に出ることができる。以下ではそんな兵科達を紹介。

battlefield-1_バトルフィールド1_突撃兵

【突撃兵】

 突撃兵として選ばれたプレイヤーが目指すべきは、戦車の破壊。乗り物系を壊すことが得意な突撃兵は、多くの爆発系武器を用意している。

 また近接攻撃に特化した兵士となっているので、敵との間合いを縮めることも得意としている。使えるメイン武器は、16種類。ガジェットが4種類。

【看護兵】

 味方を回復、復活させるなら看護兵を選ぼう。また看護兵は味方だけでなく乗り物の修理も得意とする。

 戦闘では中距離武器をメインに戦う。回復と戦闘の両立を図る。使えるメイン武器は、16種類。ガジェットが6種類。

【援護兵】

 鉄壁の守りを作るなら援護兵。弾薬の補給や、拠点を守ることに有利な爆発ガジェットを装備。

 また近〜中距離の連射性のある武器を使用して、敵を一網打尽にする。使えるメイン武器は、16種類。ガジェットが6種類。

【偵察兵】

 遠距離から敵を一掃できる偵察兵。強力なスナイパーライフルを用いて、味方を援護しよう。

 ガジェットは周辺の敵の居場所をつかむフレアガンや、近づいた敵に対して仕掛けるトラップ爆弾などが用意されている。使えるメイン武器は、16種類。ガジェットが9種類。

【パイロット/戦車兵】

 ゲーム開始から戦車や、他の乗り物に乗って敵拠点に進行する。戦車などの乗り物は非常に攻撃力が高く、耐久値も高い。また、乗り物にもよるが最大4人搭乗できる乗り物もある。

 乗り物は、攻撃機、爆撃機、戦闘機、戦車、重戦車、軽戦車、自走砲トラック、馬、装甲車、ボートの合計10種類を搭乗可能。また乗り物によっては色々なバリーションも存在する。

【エリート兵科】

 バトルピックアップを戦場内で獲得することにより、なれる兵科。

 種類は3種類あり、どの兵科も攻撃力と耐久力が一般の兵科を上回る強さである。

battlefield-1_バトルフィールド1マルチ_武器カスタマイズ

 バトルフィールド1の兵科は見た目などは、自軍依存だが、メインとサブ武器はプレイヤーに合ったカスタマイズができる。

 サイトや倍率、バレル、反動の向きなどをカスタマイズすることができるので、自分に合ったカスタマイズを施そう。

 また戦場に持っていけるガジェットは2つとなっている。グレネードや医療キットなど、戦場に合わせて臨機応変に装備するのだ。

battlefield-1_バトルフィールド1_武器アンロック

 武器の中にはロック状態の武器が存在する。武器をアンロックする場合は、欲しい武器の兵科で戦場に赴きレベルを上げる必要がある。そしてマルチプレイで獲得したウォーボンドを使用して、武器をアンロックするのだ。

battlefield-1_バトルフィールド1_バトルパック

 また、武器は”バトルパック”を手に入れることにより、スキンを獲得することができる。バトルパック自体は、戦闘終了後にもらえるが、手に入る確率は低い。

 近接武器の中には、ピースを集めて手に入れれるものもある。色々なスキンと武器を楽しもう。

戦場について

battlefield-1_バトルフィールド1マルチ_戦闘

 バトルフィールド1ではゲームルールにもよるが、基本は大部隊を構成する最大5人編成の分隊のひとつに入って戦場に向かう。分隊長になったプレイヤーは、特になにかをするといったことはないが、分隊に対して、的確な指示を出すと分隊命令を達成したとき追加でスコアをゲットすることができる。

 また分隊にはそれぞれ鍵をつけ、プライベートルームにすることもできる。フレンドと一緒に戦場でコミニケーションを取りながら遊ぼう。

battlefield-1_バトルフィールド1マルチ_マップ

 戦場に出撃する前には、まず兵科を決めて出撃する。また兵科は出撃する前に、武器のカスタマイズをすることもできる。

 拠点に戦車などの乗り物がある場合、パイロット兵として出撃することも可能だ。出撃準備が整ったら、拠点、あるいは同じ分隊のプレイヤーの近くなどから出撃することができる。

battlefield-1_バトルフィールド1_マルチ戦場マップ

 戦場では、分隊同士での行動が重要で一人で突撃するとあっさりやられてしまう。なので、なるべく分隊で固まって行動するといいだろう。

 また戦場に出ているときも大きなマップを確認することができる。分隊の仲間と離れてしまったときなどに利用してみるといいかもしれない。

battlefield-1_バトルフィールド1マルチ

 一定数までポイントを稼ぐ、あるいは時間切れによって戦闘は終了する。戦闘結果によりプレイヤーのランクが上がったり、兵科のレベルがあがったりする。

バトルフィールド1マルチのプレイ評価/感想

 バトルフィールド1マルチを総合的に言うと、超面白い!がしかし、FPS初心者にとってはきつい部分があるかも。

 個人的には今作で登場したオペレーションはかなり面白かった。全面戦争を体験できるような仕組みは、かなり楽しませてもらいました。ただ、時間帯によっては人が足りなかったりするのでちょい残念。

 戦闘中にカクカクすることはなかったが、ロードは妙に長いように感じた。特にオペレーションは待ち時間が長く感じることがしばしば。

 クイックマッチはすぐにマッチングし、スムーズにプレイすることができたので、不満点はなし。

 また、やはり人気のFPSだけあって、他プレイヤー達はかなりうまい。それなりに上達して遊べば、すんごい楽しめそう。

バトルフィールド1のアマゾンの口コミ/レビューはこちら

つーことで、バトルフィールド1マルチのプレイ内容を紹介でした!

久しぶりにFPSのマルチプレイを楽しんだけど、やっぱり楽しいですの!

それでは今回はここまで!閲覧ありがとう!

【Amazon】バトルフィールド1の最安値をみてみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す