評価:フォーオナーαのプレイ内容を紹介

for-honor_フォーオナーαの評価/感想/レビュー/おもしろい

こんちは!今回は三つ巴対戦バトルゲーム『フォーオナー』のαを評価/感想付きでプレイ!

開発がどれだけ進んでいるかが楽しみだね!

さっそくプレイしていこう!レッツオナー!

フォーオナーα内容

for-honor_フォーオナーα内容

 『名誉のために-この命を捧げん』。プレイヤーは三つの勢力である”侍””ヴァイキング””ナイト”のどれかを選択し、戦場に赴く。

 今回はα版ということもあって、ストーリーモードはプレイ不可。そのかわりマルチプレイやゲームの基本操作を学べるチュートリアルを存分に遊ぶことができた。

for-honor_フォーオナーα_謎の人物

 ゲーム開始してすぐ流れるムービーの中には、三勢力とは別の人物が登場。α版ではゲームプレイ中登場することはなかったが、どのような形で登場するか、今後楽しみだ。

for-honor_フォーオナーα_勢力

 ゲーム開始されると、プレイヤーはまずどの勢力をプレイするか選ぶ。もちろん、他の勢力のキャラクターを後で使用したいと思えば、使用することも可能だ。

for-honor_フォーオナーα_エンブレム

 勢力を選んだ後は、プレイヤーを象徴するためのオリジナルエンブレムを作成することができる。背景、マーク、エンブレムの縁を自由に変更可能だ。

for-honor_フォーオナーα_操作方法

 操作方法は、慣れるまで難しいが戦略性があって面白い。一対一の戦いに重点を起き、軽い戦闘というよりは、重厚感のある戦いや演出を楽しませてくれる。

for-honor_フォーオナーα_チュートリアル

 またゲーム開始時は、基本操作を学べるチュートリアルをプレイすることができる。少し頭を使う戦闘を強いられるので、チュートリアルは結構大事な学びとなるだろう。

ジャンル:アクションバトル
プレイ人数:1
マルチ:1~8

ゲームの流れ

for-honor_フォーオナーα_流れ

 フォーオナーαでは3つのマルチプレイを楽しむことができる。今回はその3つのルールや、キャラクターのカスタマイズについて書いていこうと思うぞ!

 ちなみに登場するマップは対戦ルールによって大きさが異なってくる。最大8人でプレイできるマップはそれなりに大きいが、めちゃくちゃでかい!というわけでもない。しかし、バランスのとれたマップとはなっていると感じる。

for-honor_フォーオナーα_英雄選択

 マルチプレイをするには、まず英雄(プレイ可能なキャラクター)の準備をしよう。今回α版では、ゲーム内通貨で購入出来る英雄含め、合計6(各勢力2ずつ)キャラクターを操作可能だ。

 操作キャラクターはそれぞれ、操作難易度が設定してあり、イージー、ミディアム、ハードと3つの種類が存在する。

for-honor_フォーオナーα_英雄の操作方法

 もしどの英雄を使用したらいいかわからないと感じれば、動画で各キャラクターの基本操作や上級者テクニックを見ることができるので、初見プレイヤーでも安心だ。

for-honor_フォーオナーα_英雄カスタマイズ

 また英雄は装備や容姿のカスタマイズをすることができる。衣装、胸、頭部、腕、武器を、ゲーム内通貨が必要な戦利品ボックスを利用したり、戦闘後の戦利品で獲得したりすることによって増やしていく。

 なかには英雄のレベルが上がることによって獲得できるカスタマイズもある。

for-honor_フォーオナーα_英雄容姿カスタマイズ

 英雄は性別変更に加え、肌のカラー変更や、衣装のカラーやマークの変更等を可能としている。カラー設定などは、用意された色の種類を選択することが可能だ。

for-honor_フォーオナーα_英雄カスタマイズ_パターン

 衣装のマークは、詳細にこだわることが可能で、”ペイントパターン””彫り物””シンボル”を胸(背中)、頭部、腕、腰の部分に施すことができる。

 ペイントパターンと、シンボルなどは同じ部分に重複させて取り付けることもできるので、よりオリジナルティな英雄が作ることもできる。

 また”ペイントパターン””彫り物””シンボル”とは別で、衣装の素材を選択することも可能だ。鉄や青銅、銅などの素材でちょっとしたカラー変更を楽しもう。

for-honor_フォーオナーα_刀

 そして、英雄カスタマイズの重要な部分、武器では、刃、柄、ガードの三つの部分をカスタマイズ可能だ。武器のカスタマイズをすることにより能力や見た目が変わるので、自分にあった武器にカスタマイズしていこう。

 さらに武器はグレードアップも可能だ。いらない武器などをグレードアップ画面で解体することにより、ベースとなる武器を強化することができる。気に入った武器は残してどんどん強化していこう。

for-honor_フォーオナーα_デュエル

 英雄の準備が整ったら戦場に出よう。今回フォーオナーα版では3つのオンライン対戦を楽しむことができた。

 ひとつは一対一でのガチ勝負”デュエル”。この勝負は先に3勝したプレイヤーが勝ちとなっているシンプルな殴り合いバトルだ。

 プレイヤーvsAIもできるので、操作の練習にはもってこいの対戦だ。ちなみにマップは非常に小さいものとなっている。

for-honor_フォーオナーα_ブロウル

 そして次が、2vs2で対戦する”ブロウル”。マップはデュエルに比べると少々大きいが、戦闘自体はデュエルとほぼ変わらない。

 ただし戦闘によっては、すぐ2vs1などの状況に陥りやすいので勝敗がわかりやすく、あまり人気がないようには感じた。ちなみにブロウルはプレイヤー同士の対戦のみとなっている。

for-honor_フォーオナーα_ドミニオン

 そして上記二つとは異なる、制圧がメインの対戦ルール”ドミニオン”。最大8人でできるドミニオンは大きいマップとなっており、英雄以外にも雑兵も多数出現する。

 勝利条件は、特定のポイントを制圧してポイントを稼ぎ、ポイントが1000ポイントに達した後、最後に相手の英雄を全て倒すことだ。

for-honor_フォーオナーα_ドミニオン制圧

 制圧中、あるいは敵の制圧した場所を取るときは、周囲の敵に注意しなければならない。制圧中に敵がポイントに侵入していると、その敵を倒さない限り制圧は完了されない。

 特にこのドミニオンでは、ポイントを制圧したと思っても、敵の襲撃で、すぐ2vs1の状況になりやすいので、仲間との連携はかなり大事だと言えるだろう。

for-honor_フォーオナーα_簡易チャット

 連携が必要なルールでは、”簡易チャット”を使用することができる。もし、拠点制圧や助けてほしい場合は、L1ボタンを素早く押し、助けてもらおう。

 ちなみにα版ではL1長押しで、「いいね」「ありがとう」「すまない」をチャットで流せることができた。製品版ではより多くのチャットが使えるかもしれない。

戦闘について

for-honor_フォーオナーα_戦闘について

 戦闘自体は、超シンプルな三人称の殺陣アクション。だがしかし、瞬発力や戦略性が重要な戦闘となっている。

 戦闘の基本は、対象となる敵に狙いを定めて、上、右、左の構えをすることだ。構えることにより敵の隙をついたり、ガードすることで敵を倒していく。

フォーオナーα_強攻撃

 攻撃は通常攻撃と、強攻撃のふたつを用いながら戦う。通常攻撃は素早く攻撃することができ、強攻撃は大振りにはなるものの敵に大きくダメージを与えることが可能だ。

 ただし、スタミナには注意しよう。武器を振ればスタミナが大きく減ってしまう。スタミナが減ると、敵の攻撃で体制を崩してしまうこともある。スタミナの調整をしながら攻撃をしよう。

フォーオナーα_範囲攻撃

 ちなみに雑兵をまとめて倒したいときは、通常攻撃や強攻撃よりも”範囲攻撃”のほうが有利な時がある。

フォーオナーα_ガード崩し

 また戦闘では、敵のガードを崩すことが重要になってくる。相手のガードを崩すことによって、敵を突き落としたり追撃することが可能で、戦闘を有利に進めることができるのだ。

 ただしガード崩し中、逆に相手に反撃をかまされる場合もある。なので、敵のガードを崩すにも心理的な攻防戦が繰り広げられることになるだろう。

 また相手のガード崩しが来ると思えば、”ステップ行動”をすることもありだ。臨機応変に対応しよう。

for-honor_フォーオナーα_アビリティ

 英雄や、拠点制圧、雑兵を倒すなどすると、戦場でレベルが上がる。戦場でレベルがあがると、操作している英雄がもっている”アビリティ”を発動することができるようになる。

 アビリティは自動で発動するものから、十字キーを押すことで発動するものが存在する。一度使うと、次の使用までに時間がかかるので、使うときは慎重に使うことが大事だ。

for-honor_フォーオナーα_アビリティ

 ちなみにアビリティは、英雄カスタマイズ画面でどのような効果があるのかを説明してくれている。中には鍵のアイコンがついたアビリティも確認できた。

 どうやってアンロックするかは、不明だがアビリティもそれなりにカスタマイズできるということだ。

フォーオナーα_処刑

 そして最後に敵の体力がなくなれば、とどめ演出をすることができる。とどめは無理に刺す必要はないが、決まるとその場復活を阻止することができるぞ。ただし、タイミングがシビアなので、なかなか狙いづらい。

 ちなみにとどめをさす方法は、いくつか種類があり、購入することで増えて行く。

for-honor_フォーオナーα_死亡

 逆に敵にやられてしまった場合は、死亡状態となる。一定時間内に仲間に助けてもらう、あるいは自分でリスポーンするかを選ぶことができる。

 リスポーンの場合は、ゲーム開始時点の初期位置から。仲間に助けてもらった場合は、その場で復活することが可能だ。

for-honor_フォーオナーα_戦果

 戦闘が終了すると、そのまま戦闘結果に移行する。移行後は戦利品の確認、英雄のレベルアップの確認などをすることができる。

 そのまま次の戦闘に移動するのも、カスタマイズに戻るのも、この画面からすることが可能だ。

フォーオナーαのプレイ評価/感想

for-honor_20161021205944

 フォーオナーαを総合で見て評価すると、ちょっと玄人向けだけど、良作と感じた。

 戦闘自体は、結構頭を使う為シンプルながら難しい。戦うAIはどれも強く、結構やられまくってしまった。戦闘自体は新規性もあり、非常に楽しいものとなっているが、ライトユーザーなどは置いてけぼりを食らう可能性があるように感じた。

 キャラクターの動きはかなりもっさりしているが、リアリティのある戦闘が楽しみたい人には、かなり感触のいいゲームとなっている。

 マップはそこまで大きく感じないが、対戦として遊ぶには丁度いい大きさ。そこまで気になることはない。ただし、高いところから瞬時に下に降りることができなかったりなど、ちょい面倒な部分はある。

 個人的には、せっかく3つの勢力が用意されているのであれば、製品版では2グループでの戦いだけでなく、三つ巴の戦いもしたいという気持ち。

 ちなみに製品版では、α版でプレイしたルールの他に、4vs4のチームデスマッチと生き残りを賭けたチームバトルがあるとのこと。

以下では約5分ほどの動画でフォーオナーαのプレイ内容を紹介。1vs1のデュエルをメインにとっています。

以上、フォーオナーαのプレイ内容を紹介でした!

文化の違う者同士の戦いを楽しめるのは、新鮮で面白いね!

今回はα版だったけど、超楽しめたぜ!100円必要になるけど、プレイしてみたい人は是非!

それではまた会いましょう!閲覧サンキュ〜!

【Amazon】フォーオナーを見てみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す