評価:ノーマンズスカイのプレイ内容を紹介

こんにちは!

宇宙の旅がついに実現!?

最高にオープンなワールドゲーム『ノーマンズスカイ』、ついに登場!

一体全体どんなゲームなのか、早速感想と、評価付きで紹介したいと思うぞ!

それではレッツユニバース!

ノーマンズスカイ内容

No-Mans-Sky_ノーマンズスカイ内容/どんなゲーム

 舞台は宇宙。プレイヤーは一人の宇宙開拓者となって、宇宙にある星を探索する。ゲームが始まると、まずプレイヤーはランダムで選び出された星に降り立ち、自分の宇宙船を直すという目的で、一つの星を探索することとなる。

 ちなみに探索できる星の数は『約1800京』。宇宙船を直すと、その宇宙を巡りながら、その星々を探索可能となる。

No-Man's-Sky_20160825111003

 操作は宇宙船を操作するモードと、歩行時の操作モードの二つがある。どちらも操作設定を変更することは不可能
で、×ボタンが決定ボタンとなっている。

 歩行モードでは、ジェットパックを所持して、空中を一定時間飛ぶことが可能で、宇宙船操作では、主に星間を移動する高速移動を可能としている。

ジャンル:FPS
プレイ人数:1

ゲームの流れ

No-Mans-Sky_ノーマンズスカイ流れ

 ノーマンズスカイでは、まず降り立った惑星からの脱出のため、宇宙船を直すところから始まる。

 しかし操作方法もわからずに、突然広大な土地で探索を開始するということになるので、非常に困難な状況がプレイヤーを待っている。

 なので、今回はノーマンズスカイでの最初の探索となる、宇宙船の直し方をメインにノーマンズスカイの魅力を紹介していこう。

No-Mans-Sky_素材収集

 まず宇宙船を直すには、素材が必要となってくる。素材は『マインビーム』を使用して、星の色々な場所から採ることができる。ただし、なかには手で採取する植物も素材として存在する。

 またゲーム開始時は、土地周辺を分析し、どのような素材が周辺にあるのかを知らせてくれる『スキャナー』も修理対象となっている。なので、船を直すのであれば、先に『スキャナー』を修理するのも悪くないだろう。

No-Man's-Sky_20160825115421

 そして惑星の探索を進めると、素材の他にも放棄されたアイテムボックスや、セーブを可能とする拠点、中には”モノリス”などといったものが多数発見される。

 拠点では、ある素材を使ってクラフトするアイテムを使えば、様々な情報を得ることができる機能が設置してあったり、放棄されたアイテムが点在していたりする。

No-Man's-Sky_20160825115925

 またモノリスなどは、ある”派閥の言語”知識を教えてくれたりする。この”言語”を知ることにより、あとでいいことがあるかもしれない…

ノーマンズスカイ_生物

 そしてもちろん、惑星には様々な生物が登場する。敵対して、こちらを攻撃してくる生物、走り回る犬のような可愛い生物。大きな体を持つ生物などなど。

 なかには”派閥たち”が作ったと思われる、空中を浮くドローンのようなロボットも存在する。このロボットたちは、宇宙に存在する”派閥たち”と友好的かどうかで、敵対するかどうかが決まる。

No-Mans-Sky_ノーマンズスカイ_必要素材

 そんな惑星から手に入れた素材たちは、”エクソスーツ”と宇宙船の荷物にいれることができる。

 集めた素材は、基本”エクソスーツ”に入るようになっているが、もし”エクソスーツ”の荷物を宇宙船に入れたい場合は、宇宙船が近くになくても瞬時に移動させることが可能だ。

ノーマン1

 目的の素材をすべて発見して、やっと宇宙船は空を飛ぶことが可能となる。しかし、飛ぶのにも素材となるエネルギーが必要となることを忘れずに。

No-Man's-Sky_20160825125302

 ここからは広大な惑星をエネルギーがある限り、飛び回ることもできるし、宇宙に飛び立つこともできる。

 宇宙に飛び立つとき、あるいは惑星に宇宙から移動する時はシームレスで移動することができ、とてもスムーズな移動を可能としている。

No-Mans-Sky_ノーマンズスカイ_戦艦

 宇宙には多くの惑星、そして大きな戦艦などが点在する。戦艦が敵対する”派閥”のもの、あるいは攻撃することにより、こちらを襲ってくる。

No-Mans-Sky_宇宙ステーション

 そして、これまた気を付けてもらいたいことがある。それは宇宙に出ると、なにをしていいかわからなくなってしまうということだ。

 もちろん一応目的はあるのだが、どの惑星にいけばいいのかなどはプレイヤー自身が決めていかなければならないので、ゲームの”自由度”に今度は悩ませられることになるだろう。

No-Mans-Sky_惑星選択

 とりあえず、人に会いたいのであれば、惑星近くにある『宇宙ステーション』に行ってみるのもありだろう。人々とは様々な取引を可能とし、宇宙船を購入するといったことも可能だ。

 そして、最初に降り立った惑星とは別の惑星に行きたいのであれば、十字キー下を押せば、近くの別惑星に瞬時にワープすることが可能だ。逆にワープを使用せずに惑星間を移動しようとすると、リアルに4時間、あるいはそれ以上かかってしまうので、お気をつけて。

No-Mans-Sky_人々

 ちなみに宇宙ステーションなどにいる、人々はある”言語”を用いて話しかけてくる。人々はプレイヤーの対応をちゃんと見ているので、もし変な対応をすると評価が下がってしまうことも。

 取引を行う上で、人々からの評価は重要なものとなる。ここで”言語”の知識が必要となってくることはいうまでもない。

探索/戦闘

No-Man's-Sky_20160825132351

 ノーマンズスカイは探索がメインのゲームとなっているが、では一体どのような探索や戦闘ができるのか、ここでは”惑星”と”宇宙”二つの探索と戦闘の仕方をわけて紹介しよう。

No-Mans-Sky_エクソスーツ

 まず惑星探索では、”エクソスーツ”の状態が非常に重要となる。“エクソスーツ”はプレイヤーが惑星を探索している間、体を守ってくれるスーツのことだ。

 このスーツには”生命維持システム”と”危険防御システム”と言われる重要なシステムが設置されていて、“危険防御システム”は惑星の過度な音度から体を守ってくれるもので、プレイヤーが過度な温度を超える場所にいると、メーターが下がっていき、メーターが0になると、プレイヤーは体力を削られることとなる。

 そしてもう一つの”生命維持システム”はプレイヤーが探索中、常にメーターが減っていく。このシステムのメーターが0になると、プレイヤーはパワーダウンを引き起こすだろう。

 “危険防御システム”は惑星の要所にある洞窟や、あるいは宇宙船に入ることにより、メーターを回復させることが可能だが、”生命維持システム”は素材を使いエネルギーをチャージしなければならない。

 そのような処置を考えると、”エクソスーツ”は探索をする上で、重要なものになることは間違いないだろう。

ノーマンズスカイ_ボルトキャスター

 そして、”エクソスーツ”以外にも、素材などを手に入れるために使う『マインビーム』なども、使用し続けることによりエネルギー不足を起こす。

 なので、ほとんどの装備のエネルギーの元となる、”アイソトープ資源”は常に持っておく必要がでるだろう。

No-Man's-Sky_20160825121603

 また、”エクソスーツ”、”宇宙船”、”マルチツール”はある『テクノロジー』を発見することによりアップグレードを可能としている。

 例えば、“マルチツール”カテゴリーにある『マインビーム』などは、素材の採取以外にも、テクノロジー項目にある『ボルトキャスター』を作ることにより、生物を攻撃できるようになるのだ。

 そして『マインビーム』と『ボルトキャスター』は▲ボタンで瞬時に切り替えることができ、探索を円滑に進めることができるようになる。

No-Mans-Sky_テクノロジー

 ただし、『テクノロジー』を作るためには、作成条件を満たす素材と、所持品にひとつの空きが必要となってくる。

 最初の方は、所持品に空きもあまりないので、慎重に考えて『テクノロジー』を作ることになるだろう。

 自分の目的の素材を探す時は、基本『スキャナー』の力を使って探す。『スキャナー』はR3ボタンを押し込むことにより、使用することが可能で、プレイヤーの周辺にどのような素材があるかを教えてくれる。

 そして目的の素材が見つかったら、『マインビーム』を使用して削り取ることが可能だ。もちろん生物を倒せば、生物の素材を獲得することもある。

No-Mans-Sky_20160825153949

 また、素材の中には宇宙船などを直すためのパーツとなる”アイテム”も存在する。

“アイテム”は惑星や宇宙で手に入れた素材を、プレイヤーの手で加工したもので、ハッキングアイテムの作成や、『テクノロジー』作成のための中間素材などと言ったような、様々な用途の”アイテム”を作れる。

No-Mans-Sky_宇宙

 それでは次に、宇宙の探索について紹介しよう。宇宙では基本、通常飛行、ブースター(高速移動)、ワープを用いて惑星間を移動することなる。

ノーマンズスカイ_高速移動

 通常移動以外の移動は、かなり高速な移動手段となっており、ほぼコントロールが効かなくなる。

 また、先上でも書いた通り、惑星同士はそれなりに遠くに離れている。なので、高速移動を使わないと移動するのに相当な時間がかかってしまうこともある。

 ちなみに、宇宙の場合、宇宙船のエネルギーがなくなったとしても、フェーズビーム(マインビームと同じもの)を使用することにより、簡単にエネルギーを確保することができる。

No-Mans-Sky_惑星名

 そして移動している間、いろいろな惑星に行くことになるが、なかには他プレイヤーにすでに名前をつけられた星も存在する。

 その惑星にも、もちろん移動することは可能だが、他プレイヤーと会えるといったことはない。

やり込み要素

No-Man's-Sky_20160825115750

 このゲーム自体がやり込み要素です!と言ってしまいたいところだが、一応紹介してみよう。

No-Man's-Sky_20160825111036

【ディスカバリー】

 惑星を発見することにより、名前を決めオンラインでアップロードをすることが可能。また、アップロードすることによりユニット(ゲーム内通貨)を獲得。

 さらに名前をつけることができるのは惑星だけでなく、その星全体の名前、惑星でスキャンした素材、拠点の名前なども変更、アップロードを可能としている。

No-Man's-Sky_20160825114608

【旅の記録】

 旅でどれくらいの距離を歩いたか、どれくらいお金を稼いだかなどの、旅の達成記録を確認することができる。

No-Man's-Sky_20160825113513

【宇宙船】

 見るかぎり、様々な宇宙船が用意。宇宙船のカラーや名前の変更は、今の所確認できていない。

ノーマンズスカイのプレイ評価/感想

No-Man's-Sky_20160825181349

 結構気にされているバグだが、正直プレイしている間はほとんど確認することはなかった。宇宙と惑星の移動もシームレスでかなりスムーズ。ちなみに惑星一つ一つが異様にでかい。

 それよりもUIがあまりよろしくないように感じた。惑星移動のときのワープなどは非常に操作しづらいものとなっている。

 そしてやはりチュートリアルといえるものが、ほぼチュートリアルとして機能していないゲームだと思うので、プレイする人は、最初は手探りで操作に慣れていかなければならないだろう。

 ただ、サバイバルが好きなプレイヤーにはかなり面白い難易度で楽しめるゲームだと思う。しかし、ちょっと気軽にプレイしてみたいという人は、最初から辛い感じにはなると思う。

 またGTAなどでドライブが好きだった人はそれ相応に楽しめる。惑星自体の雰囲気は若干違いがあるくらいだけど、言っても1800京あるからね。もしかしたら、もっと色々な形の惑星も存在するかもね。ちなみにおいらはドライブ好きなので、のんびりと宇宙旅を楽しむことができた。

以下、ノーマンズスカイのプレイを約6分の動画にしてみました。参考にどうぞ。

アマゾンの口コミ/レビューを見てみる

以上、ノーマンズスカイのプレイ内容でした!

気の遠くなるような宇宙の旅を再現するってのは、本当すごいね。

こりゃ、いつ終わることができるかわからんね。

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとうございました!

【Amazon】ノーマンズスカイの最安値をみてみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す