PS4:本編そっちのけ!?ミニゲームができるゲームソフト特集!

こんちは!

今回は本編そっちのけでハマりそう!?なミニゲームができるPS4ゲームソフト特集だ!

ミニゲームが好きなプレイヤーは是非参考にしてみてくれ!

それでは早速見てみよう!レッツミニゲーム!

ウィッチャー3

PS4ミニゲーム特集_ウィッチャー3

 魔物退治をメインとした超大作アクションゲーム『ウィッチャー3』。実はこのゲームには、中毒になるほどハマってしまう、めちゃくちゃ面白いミニゲームが存在する。

 その名も”グウェント”。このゲームはウィッチャー3でしかできない、オリジナルカードバトルゲームだ。

PS4ミニゲーム特集_ウィッチャー3_グウェント_デッキ

 このミニゲームでは、自分専用のオリジナルデッキを作ることが可能で、街にいる商人などとお金をかけて戦うことができる。また、グウェントで勝利すると、相手からいいカードをもらえることもある。

 デッキは、”北方諸国””スコイア=テル””ワイルドハント””ニルフガード帝国”の派閥から一つを選び、その中にある派閥毎の専用の”指導者”カードを選んだ後、”近接””関節””攻城”の3つの戦力カードを自由に編成していく。

PS4ミニゲーム特集_ウィッチャー3_グウェント_ニュートラル

 また、戦力カードの他にも、バトルに色々な影響を与える”スペシャルカード”や、スペシャルの効果に影響されない”ニュートラルカード”なども存在する。

 ちなみに”ニュートラルカード”はゲームに登場する主人公『ゲラルト』や、魔女『イェネファー』などの特別なキャラクターたちが描かれている。

PS4ミニゲーム特集_ウィッチャー3_グウェント_ルール

 ルールは簡単、ターン制3ラウンドで、先に2勝した方の勝ち。3ラウンド中に使用出来るカードはデッキからランダムで取り出されたカード10枚のみだ。ただし、10枚中2枚はゲーム開始前にデッキにある他のカードとランダムで取り替えることが可能だ。

 お互いの準備が整ったらラウンドは開始される。兵種カードにはそれぞれ戦力値が付いている。戦力値の合計が高い方が勝利となるが、他ラウンドで一度使用したカードは次ラウンドに持ち越すことはできないので、どれほどの戦力値を投入したかによって、のちのラウンドにも影響が出てくる。

 そんなウィッチャー3のグゥエントは、個人的にはメインゲームを忘れるほど没頭したミニゲームの一つだ。広大なオープンワールドを冒険するのもいいが、息抜きにグゥエントもいかが?

おもしろさ:★★★

フォールアウト4

PS4ミニゲーム特集_fallout-4_フォールアウト4

 荒れ果てたウェイストランド。なにも楽しみがないと思われる世界に、ちょっとしたミニゲームたちが発見された。

 ミニゲームは、どれもレトロ調で、気分転換には丁度いいミニゲーム達となっている。そんなミニゲーム達をちょろっとご紹介しよう。

fallout-4_アトミックコマンド

 一つは”アトミックコマンド”。拠点を防衛しながら、上空から落ちてくるミサイルを地上から破壊するミニゲームだ。ミニゲーム自体は上空から降ってくるミサイルをまとめて爆破させて、高得点を狙うといったもの。

 ただし、こちら側はたまの制限があるので、適当にバコスか打つのではなく、慎重に狙いを定めて打たなければならない。

fallout-4_グロッグナックとルビーの遺跡

 そして二つ目は、フォールアウトの世界では超人気な”グロッグナックザバーバリアン”のRPGだ。こちらはテキストが全て英語となっており、何を書いているかわからない。

 日本語しか読めない俺には、少しどころか、めちゃくちゃ難しいミニゲームと感じたぜ。

fallout-4_ピップフォール

 そして3つ目は、フォールアウトのマスコットキャラクター”Vaultboy”君を操作して進める横スクアクションゲーム”ピップフォール”だ。

 ゲーム中は敵や、障害物がVaultboy君の邪魔をしてくる。その障害物をさけながら、ボブルヘッドを見つけることにより、ゲームはクリアとなる。

fallout-4_ゼータ・インベーダー

 最後に紹介するは、こちら”ゼータ・インベーダー”。こちらは今も結構知っている人が多いと思われる”インベーダーゲーム”を模したミニゲームで、とてもシンプルでわかりやすい内容のミニゲームだ。

 ちなみに、フォールアウト4にはこの上記のミニゲーム以外にも、DLC含め色々ミニゲームが用意されているらしい。レトロゲームが好きなプレイヤーは是非遊んでみてくれ。

おもしろさ:★★☆
関連リンク:評価:フォールアウト4のプレイ内容を紹介

龍が如くシリーズ

PS4ミニゲーム特集_龍が如く

 ミニゲームの宝庫といえば、やっぱりこのゲーム『龍が如く』。新宿”神室町”を舞台に、いろいろなレジャースポット、ミニゲームを楽しむことができる。

 シリーズによって、遊べるミニゲームやレジャースポットが変わってくるが、どのシリーズも存分にミニゲームを遊べることは間違いない。

PS4ミニゲーム特集_龍が如く_キャットファイト

 特に0と-極-は、女の子と遊ぶミニゲームが豊富に用意されている。ちょっぴりアダルトな気分を楽しみながら、日本のミニゲームを存分に楽しもう。

 以下は、そんな龍が如くシリーズ別で楽しめるレジャースポットたちだ。きになる人は、参考にしてみてくれ。

PS4ミニゲーム特集_龍が如く_ミニゲーム

【龍が如く-維新-】

・歌声酒場(リズムゲーム)

・日本舞踊(リズムゲーム)

・うどん屋(記憶ゲーム)

・揚屋(人気グラドル”今野杏南”ちゃんとじゃんけんゲーム)

・競鶏

・チンチロリン

・丁半博打

・おいちょかぶ

・こいこい

・ポーカー

・麻雀

・将棋

・釣り

 合計13

【龍が如く0】

・UFOキャッチャー

・アウトラン(ゲーセン)

・スペースハリアー(ゲーセン)

・ファンタジーゾーン(ゲーセン)

・スーパーハングオン(ゲーセン)

・ダーツ

・ボウリング

・バッティングセンター

・ビリヤード

・ポケットサーキット(おもちゃのカーレース)

・ディスコ(リズムゲーム)

・カラオケ(リズムゲーム)

・キャットファイト(女の子を戦わせるミニゲーム)

・釣り

・チンチロリン

・丁半博打

・おいちょかぶ

・こいこい

・ポーカー

・ブラックジャック

・バカラ

・ルーレット

・麻雀

・将棋

・キャバクラ経営

 合計25

【龍が如く-極-】

・UFOキャッチャー

・昆虫女王メスキング(女の子を戦わせるミニゲーム)

・プリクラ

・ダーツ

・ボウリング

・バッティング

・ビリヤード

・ポケットサーキット(おもちゃのカーレース)

・カラオケ(リズムゲーム)

・チンチロリン

・丁半博打

・おいちょかぶ

・こいこい

・ポーカー

・バカラ

・ブラックジャック

・ルーレット

・麻雀

・将棋

 合計19

 どれを取っても面白いめちゃくちゃ楽しめる龍が如く。個人的には龍が如く0のレジャースポットが一番面白いと感じた。また、0は金を一番手に入れやすいので、ガンガンミニゲームを遊ぶことができる。

おもしろさ:★★★

テイルズオブベルセリア

PS4ミニゲーム特集_テイルズオブベルセリア

 復讐をテーマにしたRPG『テイルズオブベルセリア』。実はこのゲーム復讐という禍々しいものをメインにしている割には、以外と可愛らしいミニゲームが用意されている。

 ミニゲームは戦闘を用いたものや、カードゲーム、神経衰弱などが登場。また、ミニゲームで得たTLポイントで衣装を獲得するといったことも可能で、ミニゲームをすることで、ちょっとしたお得感を味わえたりもするのだ。

今回はゲームの関係上、スクショを取ることができないので、そのミニゲーム達を文章で紹介しようと思う。

【シャンバルーン】

 戦闘で使用出来る操作キャラクターを一人選び、時間内にステージに用意されたバルーンを壊すというもの。目標時間が更新されるとTLポイントを多く稼げる。

【スラッシュビート】

 こちらもシャンバルーン同様、戦闘を用いたミニゲーム。15秒の間、大きなダメージを与えることを競うミニゲーム。

【配膳ゲーム】

 こちらは、あるお店で起きるミニゲームで、お客さんから聞いた注文を、正確にお客さんのテーブルに持って行くミニゲームだ。

 キャラクターによって難易度が変わっていき、覚えるのが大変となってくる。

【おじめん】

 おっさんの顔を3つに分けた、スロットゲーム。おっさんの顔がちゃんと合うようにスロットを止めよう。

【キャラ札】

 歴代のテイルズシリーズのキャラクターを使用して役の得点競う、カードのミニゲーム。初級と中級の難易度であそべる。

【飛べ!ビエンフー】

 ゲーム内で仲間になる”ビエンフー”を操作して、ジャンプの距離を図るミニゲーム。

【釣り】

 餌を使って、世界各地にある釣りスポットで釣りをすることができる。

【合わせてノルモーション】

 神経衰弱のミニゲーム。同じ動きをするノルミンと言われるキャラクターを時間内に見つけ出す。

【フラッグチェッカー】

 高速で移動できるボードを使って、町中にある旗を獲得していくミニゲーム。

 上記他にも、色々なミニゲームがテイルズオブベルセリアには登場する。どれもこれもちょいと難しいが、復讐がてら楽しんで見てちょ。

おもしろさ:★★★
関連リンク:評価:テイルズオブベルセリアのプレイ内容を紹介

ワールドオブファイナルファンタジー

PS4ミニゲーム特集_ワールドオブファイナルファンタジー

 ミラージュと言われる、歴代FFで登場するモンスターや召喚獣を使役して冒険するRPG『ワールドオブファイナルファンタジー』。

 このゲームには、ストーリーを進めることにより、アンロックされるミニゲームが4つ用意されている。

PS4ミニゲーム特集_ワールドオブファイナルファンタジー_アインハンダー落とし

 どのミニゲームにも、それぞれ歴代FFキャラクターが登場し楽しませてくれる。まず、FF10で主人公だった”ティーダ”を操作するミニゲーム”アインハンダー落とし”。

 これは、空中を飛んでいるミラージュ”アインハンダー”にボールを当てて得点を競うというもの。上下に動くゲージによって力加減が変わり、投げるボールの距離が変わる。

S4ミニゲーム特集_ワールドオブファイナルファンタジー_砂海戦

 そして、次がFF6のティナとFF9のビビ、そしてFF7ダージュオブケルベロスで登場したシェルクの3人を25マスのボードに自由には配置して、隠れた敵をやっつけるというミニゲーム。

 S,M,Lの3体がボードの中に隠れており、ヒントを探りながら地道に見つけていく。敵を全てやっつけれたらクリアだが、逆に敵に攻撃されて全滅すると、ゲームオーバーだ。

S4ミニゲーム特集_ワールドオブファイナルファンタジー_サボテンたたき

 次に紹介するのは、”サボテンたたき”。こちらは主人公の一人『レェン』を使い、四方から出現してくるサボテンダーを倒し、スコアを競うミニゲーム。

 サボテンダーは非常にすばしっこく、パンチを当てるのが難しいので注意が必要だ。

S4ミニゲーム特集_ワールドオブファイナルファンタジー_ネブランアタック

 最後はこちら”ネブランアタック”だ。こちらはFF13の女主人公”ライトニング”を操作して、目的地を目指すミニゲーム。

 移動中は、目の前からいきなり3種類のミラージュが登場するので、そのミラージュに合わせたボタンをタイミングよく押し、倒していく。反射神経が必要なミニゲームだ。

 このゲームのミニゲームも以外と難しいものばかりだが、たまには可愛らしい世界のミニゲームを楽しむのもいいかもしれない。

おもしろさ:★★☆
関連リンク:評価:ワールドオブファイナルファンタジーのプレイ内容を紹介

おまけ

S4ミニゲーム特集_おまけ

 以下は、ほんのちょっとミニゲームができるPS4ゲームソフトだ!参考にどうぞ!

【アンチャーテッド海賊王と最後の秘宝】

・クラッシュバンディクー

【ペルソナ5】

・釣り

【シャドーオブザビースト】

・1989年に発売されたオリジナルのシャドーオブザビースト

以上、ミニゲームができるPS4ゲームソフト特集!でした!

ミニゲームばっかりにハマって、本編の内容を忘れたのはいい思い出。

 それでは今回はここまで!閲覧ありがとう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す