PS4:ジョブが選べるRPGゲームソフト5選を紹介!

おすすめPS4ゲームソフト:ジョブを選べるRPG特集!

チキチキ!第一回こんなのやってみたかったてん!

自由にジョブを選択して始めれるRPGゲームソフト特集〜〜〜〜〜!!!!!

ということで今回は、PS4でおすすめする、好きなジョブを選んで冒険を楽しめるゲーム特集!

やっぱりジョブを決めて冒険を始めないと楽しくない!そんなあなたにぜひ参考にして欲しい!

それでは早速、レッツプレイ!

ドラゴンエイジ:インクイジション

ドラゴンエイジ:インクイジション_ジョブ選択

 超大作RPGドラゴンエイジの第三作目。ジョブはローグ、戦士、魔導師の3種類から選択し、物語を進めていく。

 物語開始前、ローグは二刀流と射手、戦士は両手武器と片手武器をそれぞれ選択することが可能だ。

ドラゴンエイジ:インクイジション_

 一度ジョブを決めてしまうと、ストーリー中にジョブ変更をすることはできないが、戦士は片手剣から両手武器にシフトチェンジするといったように、武器変更は可能だ。

 ただし、片手武器と両手武器を状況によって使うというような選択をしてしまうと、中途半端な成長になってしまう。武器は一つに決めておいた方がいいのは確かだ。

 そして、ドラゴンエイジではキャラクタークリエイトで選ぶ種族によって能力にボーナスを獲得することができる。例えば、エルフの種族は魔道士のジョブに対して有利なボーナスを持っているなど。

ドラゴンエイジ:インクイジション_種族

 ちなみに、キャラクタークリエイトで選べる種族は4種類あり、ファンタジーでおなじみ人間、ドワーフ、エルフの他にツノが生えた鬼をイメージした種族、『クナリ族』という一風変わった種族も存在する。

ドラゴンエイジ:インクイジション_成長

 ジョブによって獲得できるアビリティなどは違うが、成長はツリーシステムとなっており、レベルアップをするといつでも自由にプレイヤーのタイミングで任意のアビリティを獲得することができる。

 そしてストーリー中盤では上級職になることができ、魔道士では『魔道騎士』や『屍術師』などの上級職からひとつを選び、新しいツリーを教わることができるようになる。

 ちなみに上級職はジョブごとに3つ用意されている。これまた一度選ぶと変更はできなくなるが、キャラクターをさらに強くしてくれることはまちがいないだろう。

ドラゴンエイジ:インクイジション_仲間

 ただし、残念ながら道中で仲間になるキャラクターのジョブを変更することはできない。

 仲間の武器を変更することは可能だが、仲間の場合、上級職も自動で決まっているのであまり武器変更の意味はないだろう。

ドラゴンエイジ:インクイジション_ジョブチェンジ

 個人的には非常に素晴らしいゲームだと思っている。PS3では1,2が発売されており、インクイジション同様、1,2もジョブを決めることができる。(ちなみにPS3でもインクイジションは発売されています。)

 ただし、ドラゴンエイジ:インクイジションのジョブは結構偏っているところがあり、ローグのジョブを選び、うまく育てるとゲームバランスを崩すバランスブレイカーとなってしまうこともある。

 そこを気にせずプレイ出来れば最高に楽しいのは間違いない。

プレイ人数:1
マルチプレイ:1〜4
一緒に冒険できる人数:4
ジョブ楽しさ:★★★
ジョブ自由度:★★☆
備考:若干のアクション要素あり。FF12に近い戦闘。

ブラッドボーン

Bloodborne®_ブラッドボーン

 ダークソウルやデモンズソウルの新境地、ブラッドボーン。従来のソウルシリーズより『避ける』ことに重点を起き、ダークソウルのように敵の攻撃をガードするという選択はない。(一応ブラッドボーンには盾がひとつだけ登場する。)

Bloodborne®_過去

 そんなブラッドボーン。実はジョブではないが、ジョブに似た『過去』という選択肢をキャラクタークリエイト時に選ぶことが可能だ。

 『過去』はソウルシリーズでいう『素性』と同じで、あらかじめ用意された初期能力を選択できるのだ。ただし後に『過去』の設定を変更するということは不可なので、慎重に選ぼう。

 ちなみに『過去』にはそれぞれ詳細な説明が書かれてあり、より世界観に没頭できるようになっている。そんな『過去』だが、どのような種類があるか気になる人は下記を見てみてくれ。

【特筆なし】

君の過去は平凡で、故に幸だった。すべての能力値が平均的。

【村の生き残り】

君は、滅びた村の生き残りだった。生きる力、生命力が高い。

【悲惨な幼年期】

悲惨な幼年期を送った。それは耐える力を育てた。

【暴力的過去】

君には暴力的な過去がある。愚かだったが、力はついた。

【プロフェッショナル】

君は何らかの専門家である。探偵、教授など、技術が高い。

【従軍経験】

君には従軍経験がある。力も技術も、鍛えられた。

【一族の末裔】

君は古い一族の末裔である。そう信じ、血統を誇っている。

【過酷な運命】

君の過去は過酷な試練が続いた。それには意味があったはずだ。

【生まれるべきではなかった】

君には何もない。低能力者だ。うまれるべきではなかった。

 結構どぎついことを言われちゃう『過去』もあるようだが、

Bloodborne®_装備

 実はこの『過去』によっては、後々装備できるものや使用出来る術が変わってくる。

 ブラッドボーンでは右手に近接変形武器、左手に遠距離武器といったように、さまざまな変わった武器を使用することができる。

ブラッドボーン

 その各武器には、必要能力というものが設定されてあり、ステータスの低さによっては、装備しても十分な能力を引き出せない武器が出てくるのだ。

 そして時には、神秘と言われるステータスを上げないと使用できない、魔法のような力『神秘』も登場する。

ブラッドボーン_イベント

 しかし、そこはやはりソウルシリーズ。血の遺志(ソウルシリーズでいうソウル、経験値)を溜め、能力値を任意でマックス(1~99)になるまで上げることができる。

 なので、最初に選んだ『過去』の初期ステータスはあまり意味がなくなるという欠点もある。ただし、レベルマックスでマルチプレイをしている人はほとんどいないと思われ、やはりどの武器を使用して、どの能力を上げるかは重要とは言えるだろう。

 そして最後に言わせてもらうと、ブラッドボーンではあまりジョブでの楽しみはないかもしれない。ダークソウルよりも武器や魔法は少ないし、『過去』を設定したからといって、ダークソウルのように初期装備(見た目)がかわるわけでもない。

 ただ、やはり能力にこだわればこだわるほど、強いオリジナルキャラクターができるのは当然と言えよう。

プレイ人数:1
マルチプレイ:1〜4
一緒に冒険できる人数:1〜3
ジョブ楽しさ:★☆☆
ジョブ自由度:★★☆
備考:アクションRPG

ダークソウル3

DARK-SOULS-III_ダークソウル3

 王道のダークファンタジーといえば、コレ『ダークソウル3』。不幸は不幸を生み、呪いは果てしなく続いていく。ダークソウルの三作目であり、ダークソウルシリーズ最後の作品と言われるダークソウル3。

DARK-SOULS-III_素性

 ダークソウル3ではジョブの代わりに『素性』をキャラクタークリエイト時に選択できる。この『素性』によって初期能力や初期装備、初期で覚えている魔法などが変わってくる。

 そしてこちら『素性』もブラッドボーン同様、一度選んだ『素性』は冒険途中に変更することはできない。

DARK-SOULS-III_素性装備一覧

 『素性』は合計10種類から選べることができ、どの『素性』も得意とするものがある。以下ではその『素性』について紹介してみた。参考にどうぞ。

【騎士】

放浪の末倒れた名も無き下級の騎士。高い体力と硬い金属鎧で打たれ強い。

【傭兵】

戦場と共にあった歴戦の傭兵。高い技量で双曲剣を自在に使いこなす。

【戦士】

屈強で知られた北の戦士の末裔。高い筋力で重い戦斧を振るう。

【伝令】

かつて使命を帯び旅した伝令。堅実な槍の他、小回復の奇跡を使う。

【盗人】

ありふれた盗人。逃亡兵のなれの果て。背後から致命の一撃を狙う短刀のほか兵士時代からの弓も用いる。

【刺客】

陰に潜み獲物を狙う刺客の一人。刺突剣に加え、魔術をも嗜む。

【魔術師】

探求のため学院を離れた孤独な者。高い理力でソウルの魔術を操る。

【呪術師】

火を操る呪術師。辺境からの旅人。また手斧を振るう戦士でもある。

【聖職者】

旅の聖職者、その道程で力尽きた者。高い信仰で様々な奇跡の業を使う。

【持たざる者】

素性も知れぬ裸の人。底知れぬ愚か者でなかったのなら、埋葬時にすべて剥がれたのだろう。

DARK-SOULS-III_キャラクター

 もちろん、素性で決められた初期能力は、後に冒険途中でプレイヤーのお好みに育てることができる。なので騎士から始めたとしてもいずれは魔術師にすることも可能っちゃ可能なのだ。

DARK-SOULS-III_契約

 そして今作ダークソウル3ではある特定の人物から、『ステ振りのやり直し』と『キャラクリのやり直し』を数回頼むことができる。

 ダークソウル2でも可能であった『ステ振りのやり直し』。これによって、さらにプレイヤーが求める最強のキャラクターを作れることはまちがいないだろう。

 ただし、このある人物は『素性』を変えるということはできないので、やはり慎重に『素性』は選ぶべきだろう。

DARK-SOULS-III_戦技

 また今作では、新たに武器固有の技『戦技』が登場。これはFP(MPのようなもの)を使用し使うことができる魔法や特技のことを表している。

 『戦技』はどの武器にもついているので、重要になることは間違いない。その『戦技』を含めたジョブ選びも楽しみのひとつと言えるだろう。

プレイ人数:1
マルチプレイ:1〜6
一緒に冒険できる人数:1〜3
ジョブ楽しさ:★★☆
ジョブ自由度:★★☆
備考:アクションRPG

関連リンク:ダークソウル3のプレイ内容を紹介

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション

 戦略性があり、じっくりと考えて攻略するターン制RPG、ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション。このディヴィニティでは冒険を始める前に二人の主人公を作成し、それぞれジョブを選択することが可能だ。

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション_キャラクタークリエイト

 主人公二人が選択できるジョブは12種類とかなり豊富。しかもジョブを決めた後は、そのジョブをプレイヤーのお好みでさらにアレンジできるのだ。

 ちなみに下記がジョブ一覧となっている。

【ナイト】

戦闘力だけでなく、指導力も兼ね揃えた戦略のスペシャリスト。

【レンジャー】

卓越した護身術を持つ射撃手。

【ローグ】

熟練した技と少しの運で、どんな金庫でも開けられる。

【アサシン】

目にもとまらぬ速さで、二本の短刀と魔術を使いこなす。

【ウェイファーラー】

自然界で育った、魔術の取得者。ウェイファーラーに攻撃を当てるのは難しく、その攻撃を避けるのもまた困難。

【ウィッチ】

敵だけではなく、味方までもがその力を恐れる魔法使い。

【ウィザード】

いとも簡単に戦闘を始めて終わらせる魔術の専門家。遠距離から迅速かつ正確に勝利をもぎ取る。

【バトルメイジ】

筋力を魔術で強化する武装魔術師。

【クレリック】

味方を回復させたり、強力な攻撃で敵を粉砕したりと、自由な戦い方ができる。

【エンチャンター】

強力な魔術で遠距離から形成を一変させることができる。

【ファイター】

強靭な戦士であり、近距離戦闘のエキスパート。

【インクイジター】

自らの身を犠牲にして敵と戦う勺杖使い。

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション_スキルカスタマイズ

 まずジョブを決めたら、そのジョブの能力値をプレイヤー自身でいじることが可能だ。筋力、敏捷、知力、体格、速力、知覚とそれぞれの能力を、与えられた5ポイントでカスタマイズ可能だ。

 すべての能力値は全て5ポイントからはじまり、その能力値に残りのプレイヤーが持っている5ポイントを割り当てて能力値をカスタマイズできる。

 筋力は近接ダメージ、敏捷は遠距離ダメージとそれぞれ能力値には役割があるので、慎重にポイントを振る必要がある。

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション_アビリティ

 次にどのような武器を使いたいか、盾は使えるのか。どんな人格をしているのか。どのような属性の術を使用出来るかなどをカスタマイズできる『アビリティ』を見てみよう。

 アビリティも能力値同様、5ポイント振り当てることができ、カスタマイズの仕方によっては魔法剣士のようなキャラクターを作ることも可能だ。

 アビリティは基本、冒険中に何を使用できるかを決めるものである。下記が豊富なアビリティの種類となっている。気になる人は参考にどうぞ。

【武器】

武器は戦闘中どの武器を使用できるかを選べるアビリティだ。武器によって攻撃ボーナスが異なり、遠距離武器、近距離武器と選択可能だ。

・クロスボウ

・両手武器

・二刀流

・勺杖

・弓

・片手武器

【防御】

防御は状態異常や、防御力強化をすることができるアビリティだ。盾使いを取ると片手武器装備時、盾の使用が可能になる。

・意志力

・盾使い

・身体強化

・防具使い

【スキル】

スキルは戦闘中に行える魔法や特技を覚えるために必要なアビリティだ。戦士であれば戦技のスキルなどを有効に使えるだろう。

・土術

・妖術

・射手

・悪党

・戦技

・水術

・炎術

・風術

【人格】

人格は冒険中出会うNPCに対してや戦闘中に有効となる。商人との取引を円滑にしたり、戦闘中パーティーメンバーを強化するといったアビリティがある。

・カリスマ

・商売上手

・幸運

・統率力

【職人】

職人は武器の修理、鑑定などに使用するアビリティだ。なかには物体を動かすといった、念動力というアビリティも存在する。

・念動力

・制作

・鍛冶

・鑑定

【奇策】

奇策は主に隠密行動が好きなプレイヤーにとって頼もしいアビリティとなる。NPCから物を盗んだり、鍵付きの扉を開錠したりなど、卑しい行動が可能だ。

・スリ

・開錠

・隠密

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション_才能

 そして、アビリティが終われば次は『才能』を決めなければならない。『才能』は冒険中にちょっとした恩恵を得られるもので、2ポイント分の『才能』を取得することができる。

 選べる『才能』数は50。非常に多くの『才能』の中から、選ぶことができる。ただし、中には先ほどの『アビリティ』が条件で解放される『才能』もある。

 『アビリティ』と『才能』をバランスよく見て、ポイントを振り分けよう。

ディヴィニティ:オリジナル・シン エンハンスド・エディション_スキル

 最後に『スキル』をカスタマイズだ。『スキル』は3ポイント振り分けることが可能で、先ほど『アビリティ』にあった選択したスキルによって、獲得できる『スキル』は変わってくる。

 『スキル』だけは初級の魔法や技のみ獲得可能で、中級魔法や上級魔法は冒険中に手に入れなければならない。

 ただし、勺杖を装備している時に使用出来る『スタッフオブマギ』という魔法だけは全てのキャラクターが無条件で獲得可能となっている。

ディヴィニティ戦闘

 上記のジョブ説明を見てわかるように、非常に自由度が高い。高いゆえにオリジナルキャラクターを作るのが大変で、失敗しやすい。

 さらに、装備は最初に選んだジョブで決まるので、例えばジョブでナイト(デフォルトで両手武器装備)を選んで、アビリティの勺杖にポイントを振ったとしても、武器が勺杖に変更されるわけではない。

 なので結局はデフォルトのジョブや能力値で開始してしまうこともあるだろう。ただ、こだわるのが非常に好きな人にはとても楽しめるゲームになること間違いなし。

プレイ人数:1〜2
マルチプレイ:2
一緒に冒険できる人数:4
ジョブ楽しさ:★★☆
ジョブ自由度:★★★
備考:戦略性のあるターン制RPG

関連リンク:ディヴィニティのプレイ内容を紹介

ドラゴンクエストヒーローズ2

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり

 ドラゴンクエストヒーローズがパワーアップして帰ってきた!前作のボリュームを軽く超える今作のドラクエヒーローズ2では主人公2人のジョブを物語を進めることにより、変更することができるようになる。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_ジョブチェンジ

 もちろん変更してくれるのは、ダーマの神様。ジョブは初期で設定されている戦士含め、合計7つ。ジョブによっては装備できる武器が異なったり、使える魔法や特技が変わったりと色々な楽しみ方ができる。

 さらにジョブ毎にレベルが存在し、全てのジョブのレベルを上げれば上げるほど、共有できるスキルも出てくる。色々なジョブを遊ぶことによって最強のキャラクターを作れちゃうのだ。

 そして、ジョブには2つの上級職も登場する。上級職はあるクエストをクリアすることによって獲得することができ、他のジョブと比べると非常に強いスキルなどを持っているのが特長だ。

 ちなみにドラクエヒーローズ2に用意されたジョブは以下となる。

【戦士】

前作の主人公が使用していた片手剣や、斧、そして今作初登場の双剣を使用することができる。

【武闘家】

前作でも登場した棍棒と、爪(格闘武器)を使用可能。

【魔法使い】

杖、ステッキ、ムチと魔法使いらしい武器を装備可能だ。

【僧侶】

ステッキや棍棒の他に、クリフトが使用する槍も装備可能だ。

【盗賊】

爪とムチ、そして前作に登場した弓を装備可能。

【???】

近接武器のスペシャリスト。色々な武器を使用でき、戦うことが可能だ。

【???】

とても賢い悟りを開いている上級職。こちらも色々な武器を使用することができる。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_装備

 また、武器にもそれぞれ『熟練度』なるものがあり、ジョブを極めるだけではなく武器をも強くしていかなればならない。

 武器は戦闘で使えば使うほど、熟練度がたまっていきどんどん強くなり、新しい技などを覚えていく。ジョブだけで終わらないところが、これまたドラクエヒーローズ2の魅力といっても良いだろう。

ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり_登場キャラクター

 ただし、先ほども書いた通りジョブチェンジできるのは主人公2人だけ。そこまで不満はでるとは思わないが、人によっては少々物足りない?のかもしれない。

 個人的には大剣や他キャラクターの装備もジョブに入れて欲しかったところだが、そうでなくてもバリエーション豊かなのは確か。

プレイ人数:1
マルチプレイ:1〜4
一緒に冒険できる人数:4
ジョブ楽しさ:★★★
ジョブ自由度:★★☆
備考:無双系アクションRPG

関連リンク:ドラクエヒーローズ2のプレイ内容を紹介

以上、ジョブが選べるRPGゲームソフト特集!でした!

ジョブチェンジできるとゲームの幅が広がって楽しいね!

それではまた!閲覧ありがとう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す