ウィッチャー3のカードゲーム、基本無料版グウェントのプレイ内容を紹介

ウィッチャー3:グウェントの評価/感想/レビュー/面白い

こんちは!今回は、ウィッチャー3内でできるあのミニゲーム、グウェントの基本無料版を評価/感想/レビュー付きで大紹介!

ウィッチャー3でできるグウェントとちょいとルールが変わっているので、そこもじっくりこってり紹介したいぞ!もちろん、ウィッチャー3をプレイしていない人にも超オススメのゲームなので、興味ある人は是非とも閲覧していってくれ!

それでは、早速行ってみよう!レッツ、デュエル!

グウェントとは

グウェントとは

 グウェントとは、PS4ソフト『ウィッチャー3』に登場するカードゲームである。ゲーム内では、寄り道程度にプレイするミニゲームとなっているのだが、一度ハマるとなかなか止められない中毒性ある内容となっている。

 そして、今回ウィッチャー3というゲームソフトを飛び出し、基本無料として登場した『グウェント』。ウィッチャー3でプレイするグウェントとは若干ルールが変わっていたりするが、シンプルさは相も変わらずで、これまた中毒性の高い内容となっている。

ウィッチャー3

 ちなみに、本編であるウィッチャー3は、4つの広大な世界を冒険するオープンワールドアクションRPGとなっており、アダルトなファンタジー世界を冒険する超大作となっている。

 PS4を購入した人には、一度プレイしてもらいたいと願うゲームのひとつで、管理人一押しの超オススメ作品だ。

ジャンル:カードゲーム
プレイ人数:1
オンライン:1~2

関連リンク:ウィッチャー3カテゴリを見てみる。

ゲームシステム

グウェント_ゲームシステム

 グウェント基本無料版には、マルチプレイ、シングルプレイの項目が存在する。プレイヤーは、まずウィッチャー3に登場する主要人物、シリとゲラルトのバトル(チュートリアル)をプレイした後、任意でプレイを開始することができる。

 シングルでは、チュートリアルと合計5つの勢力を相手にバトルを楽しむことができ、マルチプレイでは、カジュアルマッチ(ランダムマッチ)と、ランクマッチを楽しむことができる。

グウェント_カード生成

 また、ゲーム内では、色々なデイリーミッションや、特定条件達成ミッションなども存在し、クリアすることによりカードを6枚手に入れれるタルを購入できたり、カードを生成することができるようになる。

 こういった面をみると、とても良心的な部分が多く感じるが、そうはいってもやはり基本無料。課金をしているプレイヤーの方がいいカードを持っている確率は高いし、強いのは確かだ。

グウェント_アバター

 ちなみに、今回のグウェントには、プレイヤーレベルというものが存在し、10レベルになるとランクマッチが開始できるようになる。プレイヤーのランクが上がると、色々なアバターやフレームカスタマイズを楽しむことができる。

 用意されているアバターは8人(ロックされた3人含む)と少数だが、今後のアップデートでどんどん追加していく可能性がある。

基本無料版グウェントのルール

グウェント_ルール

 グウェントのルールはシンプルで、非常に奥が深い。一応、グウェントのゲーム内で基本ルールは教わることができるが、とりあえず興味はあるけど、まだDLはしていない人に向けてルールを説明したいと思う。

グウェント_勢力

 まずプレイヤーは、バトルを開始する前に”勢力”を選択しなければならない。勢力は、スケリッジ、北方諸国、モンスター、スコイア=テル、ニルフガードの5つつから選ぶ。

 勢力には、それぞれ専用のカードとスペシャルカードが用意されており、そのカードを最小25から最大40の枚数制限の中で編成していく。(スペシャルカード除く)

グウェント_デッキ

 また、編成するときは、カードに付与されているブロンズ、シルバー、ゴールドのランクに注意しなければならない。

 シルバーは最大6枚、ゴールドは最大4枚までデッキに取り入れることができ、ブロンズカードはいくらでも持ち込むことが可能である。

グウェント_ゴールドカード

 ランクが高くなるにつれ、性能の良いカードになるのは確かだが、ゴールドカードとスペシャルカードはその中でも特別なカードたちだ。

 ゴールドとスペシャルカードは、他のカードの影響を一切受け付けることがなく、バトル中悪影響を受けることがない。ただし、その逆も然りで、良い影響を受けることもないので、注意が必要だ。

グウェント_バトル

 デッキ編集が完了すれば、ついにバトル開始だ。バトルは3ラウンド制となっており、どちらか一方が先に2勝するとゲームセットとなる。

 勝敗は、フィールドに設置されたキャラクターカードに付与されている数字の合計値によって決まる。数字が高いほうがそのラウンドの勝者になる。

グウェント_バトル/カード選択

 グウェントが開始されると、まずはお互いデッキからランダムで選ばれたカード10枚のうち、3枚をデッキの中にあるカードと任意で交換することができる。(2ラウンド目以降は1枚のみカード交換可能。)

 カード種類には、フィールドに影響を与えるカード、キャラクターカード、能力強化カードなどが存在する。どのカードもそれぞれ”アビリティ”が付与されており、それぞれが特殊な効果を特定の条件下で発生させる。

グウェント_カード

 カードの取り替えが完了すると、そこからバトルは開始される。バトル中は、カードを1枚出すか、パスのどちらかを選ぶ必要がある。

 このゲームは、一度自身のターンをパスした場合、次ラウンドに移行するまで、自身のターンは全てパスになる。なので、パスは現在のラウンドを終わらせたいと思った時だけ使用するのが基本となっている。

グウェント_カード2

 また、次ラウンドに移行すると、前回のラウンドで使用したカードは基本、全て墓地行きとなる。1ラウンド目でカードを8枚使用していると、2ラウンド目では、2ラウンド目で引く2枚のカード含め、4枚のカードのみが残ることになる。

 とても重要なカードの使い方を間違えると、次ラウンドで非常に不利な状況が生まれることもあるので、カード選定は非常に重要なものとなる。

グウェント_メッセージ

 戦闘が終了すると、戦績結果とともに報酬をゲットできる。シングルプレイでは、カードやお金、マルチプレイでは相手を賞賛することによりちょっとしたお金を獲得したり、経験値を得ることができる。

グウェントをプレイしての感想

グウェントをプレイしての感想

 久しぶりにグウェントをプレイして思ったのは、やはり面白い、ということ。若干、ルールが変わっているところがあるが、中毒性は相も変わらず健在って感じで、非常に面白い。

 特に、カードごとにアビリティ(特殊能力)をつけたのは、なかなかゲームとしては面白い展開になったのではないかと感じる。

 個人的には、あまり課金しないでも楽しめる良作の一つなのではないかと感じる。ただし、友達と対戦できないのはちょっぴりきついかもしれんね。

以上、ウィッチャー3のグウェント基本無料版のプレイ内容を紹介でした!

本編の方のグウェントでは、おとりのカードをめちゃくちゃ重宝していた思い出がある。グウェントの大会とか懐かしいな。

本編のほうではバグとかがあって、最終的に全種類のカード集めることができなかったけど、やっぱりグウェントは楽しいね!

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

コメントを残す