2016年,PS4ソフト56作品中買ってよかったソフトと買わなくてもよかったソフトを紹介!

こんちは!今回は、2016年に発売されたPS4ゲームソフト(管理人きつめが購入した56作品)を全暴露!

さらにその56作品を買ってよかったものと、買わなくてもよかったものに分け、一部ソフトをちょっとした感想コメント付きで紹介!

参考になるかならないかは、あなた次第だけど、まあ2016の締めくくりにちらっと見てちょうだいな♡

ちなみにこれら56作品すべてをランキング形式にした記事もあるので、良ければ参考にどうぞ→関連リンク:PS4おすすめソフトランキング2016!全56作品から選ぶTOP10!を紹介!

それでは、みなさん良いお年を!レッツ!PS4!

2016年に購入したPS4ソフト一覧

 とりあえず、2016年わたくしきつめが購入したPS4ゲームソフト56作品を“買ってよかったもの”と”買わなくてもよかったもの”にざっくり分けると以下の通りになる。

【買ってよかったソフト】

・アイドルマスタープラチナスターズ

・アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝

・いけにえと雪のセツナ

・ウォッチドッグス2

・シャーロック・ホームズ -悪魔の娘-

・テイルズオブベルセリア

・マフィア III

・ライフイズストレンジ

・ライズ オブ ザ トゥームレイダー

・ワンピースバーニングブラッド

・SDガンダムジージェネレーション ジェネシス

・ガンダムブレイカー3

・ギルティギアイグザードレベレーター

・ディヴィニティ

・ドラゴンクエストヒーローズ2

・ドラクエビルダーズ

・バトルフィールド1

・パワプロ2016

・ペルソナ5

・バイオハザードアンブレラコア

・ドラゴンボール ゼノバース2

・シャドーオブザビースト

・ネバーエンディングナイトメア

・FF15

・ダークソウル3

・ノーマンズスカイ

・真 流行り神2

・人喰いの大鷲トリコ

・龍が如く6 命の詩。

・ファークライプライマル

・フィリスのアトリエ

・ルートレター

・パンチライン

・ワールドオブファイナルファンタジー

【買わなくてよかったソフト】

・アキバズビート

・クローズBURNING EDGE

・スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ

・レゴシリーズ

・ミラーズエッジカタリスト

・ソルト アンド サンクチュアリ

・討鬼伝2

・デッドオアアライブエクストリーム3

【他:未分類】

・クロバラノワルキューレ

・ホームフロント ザ レボリューション

・リパブリック

・COD:IW

・オーバーウォッチ

・バトルボーン

・DOOM

・ベルセルク無双

・ウェイストランド2DC

・スターオーシャン5

・サモンナイト6

・三極姫4

・スーパータイムフォースULTRA

買ってよかったソフト

買ってよかったPS4ソフト_ペルソナ5

 買ってよかった2016年PS4ソフトって言えば、やっぱり”ペルソナ5″。ターン制RPGが好きってこともあるんだけど、ここまでどっぷりハマるとは思わなかった。3週,4週ぶっ続けで周回できたゲームはこのゲームくらい。

 もちろん、不満となる点もいくつかあったのは確かだが、それを払拭するくらいゲーム内容が楽しかった。このゲームは個人的に、過去プレイしたゲームの中でも一二を争うゲームになった。

買ってよかったPS4ソフト_SDガンダムジージェネレーションジェネシス

 あと、ジージェネも買ってよかった作品の一つ。個人的に宇宙世紀は大好きだし、モビルスーツも充実してて、かなり楽しめた。

 新モーションで心機一転を狙ったのは、なんだかんだ素晴らしい取り組みだと思うし、やはり次作にも期待せざるを得ない結果になった。

買ってよかったPS4ソフト_シャーロックホームズ

 アドベンチャーゲームに関して言うと、シャーロックホームズとライフイズストレンジは相当面白かったな。どちらもグラフィックは中の下くらいだけど、ゲーム内容はなかなか高クオリティだった。

 ちなみに同じアドンベチャーゲーム、人喰いの大鷲トリコは、過大評価の割にはアクションがしんどかったので、自分の中では地味に評価の下がる結果となった。ただ、演出が他ゲームと比べるとピカイチだったので、結果として買ってよかったとは思えたけどね。

なんだかんだ買ってよかったソフト

なんだかんだ買ってよかったPS4ソフト_FF15

 なんだかんだ買ってよかったPS4ソフトって言えば、やっぱり”FF15″。発売前からネットでは、ネタバレと酷評の嵐で、どうしようもないネガキャンが後を絶たなかった。

 だけど、実際にプレイしてみると結構面白かったので、個人的にはよかったなあと思えた作品。確かに所々気になる点はあるが、他ゲームと比べるとそこまで酷評するような内容とは言えないかな。

なんだかんだ買ってよかったPS4ソフト_ドラゴンクエストヒーローズ2

 あと、ドラクエヒーローズ2もなんだかんだ買ってよかったPS4ソフトの一つ。前作が結構な駄作だっただけに不安があった作品だけど、正当進化しててよかった。

 といっても、まだまだ改良の余地はたくさんありそうな作品だけどね。3がもし発売されるなら、かなり期待していいと個人的には思う。

なんだかんだ買ってよかったPS4ソフト_テイルズオブベルセリア

 そして、やっぱなんだかんだ買ってよかったといえば、テイルズオブベルセリア。こちらも前作がかなり不評だったので、発売前から非常に不安要素が強いソフトになっていた。

 しかし、実際プレイしてみると過去の不評がどれだけ意味のないものか痛感した。個人的に、ストーリーも戦闘も申し分ないほど楽しめた作品となった。

なんだかんだ買ってよかったPS4ソフト_ガンダムブレイカー3

 あとは、ガンダムブレイカー3がなかなかよくなってたな。戦闘自体は前作と同じように単調ではあったけど、それなりに面白くなってた。

 とくにオリジナル機体を限界まで改造できるっていうシステムは魅力的だった。前作から進化しなかったら見限りしようかと思ってたけど、結果として買ってよかったなあと心から思えた。

クソゲーだけど買ってよかったソフト

クソゲーだけど買ってよかったソフト_パンチライン

 クソゲーだけど、個人的に買っても損をしないと思えたのは”パンチライン”と”ノーマンズスカイ”の2つかな。

 パンチラインはゲーム性クソだったけど、物語の続きがとっても気になる展開だったから、ゲーム中はイライラすることもなかったし、あきれ返ることもなかった。OPとED飛ばせないのは頂けなかったけど。

クソゲーだけど買ってよかったソフト_ノーマンズスカイ

 んでもって、クソゲーと言われている”ノーマンズスカイ”も、個人的にはそこまで損を感じる代物ではなかった。

 確かにノーマンズスカイにオンライン要素があればめちゃくちゃ楽しいゲームと言えたが、宇宙を旅行するといった感覚でプレイすれば以外と面白いゲームと感じた。

クソゲーだけど買ってよかったソフト_ノーマンズスカイ_動物

 個人的にはノーマンズスカイはクソゲーとは思えないけど、ゲーム性を求めている人たちから見るとクソなのかなあとは思う。

 ただし、パンチラインに関しては躊躇なく言わしてもらう。他のひとにはお勧めできない、クソゲーであると。

買わなくてよかったソフト

買わなくてよかったソフト_クローズバーニングエッジ

 買わなくてよかったPS4ソフトは?って聞かれて真っ先に思い浮かぶのはやっぱり、”クローズバーニングエッジ”だな。

 このゲームは本気でひどかった。これだけは本当に誰にもオススメしたくないゲームといっていい。

買わなくてよかったソフト_クローズバーニングエッジ_逃げる

 ゲーム中、常に画面がカクカクしているし、グラフィックはPS2レベルだし、挙げ句の果てゲーム性う●こだし。

 PS3時代に購入したグラディエーターバーサスというアクションゲームに続くほど、レベルの低いゲームだと思っちまったよ。

買わなくてよかったソフト_ミラーズエッジ

 また、このクローズバーニングエッジの他に、ミラーズエッジカタリストっていうPS4ソフトも正直購入する必要はなかったなと個人的には思った。

 ただ、この二つのゲームソフト以外は、別の意味で買わなくてよかったなあと思うゲームソフトたちと言える。

買わなくてよかったソフト_デッドオアアライブエクストリーム3

 特にデッドオアアライブエクストリーム3と討鬼伝2は、製品版買わなくても基本無料にちょいと課金するくらいで十分楽しめる代物だったから、個人的には買わなくてもいいと思った。

 そりゃもちろん、がっつり楽しみたいなら製品版購入したほうがいいのは確かだけどね。

買わなくてよかったソフト_ソルトアンドサンクチュアリ

 スパロボOG、ソルトアンドサンクチュアリ、レゴシリーズの3つは、単に”倦怠感”を感じたから買わなくてもよかったかなと思える作品だった。

 スパロボOGは前作アニメーションの使い回しばっかだったし、ソルトアンドサンクチュアリはソウルシリーズを横スクにしただけのものだし、レゴはアベンジャーズとスターウォーズの二つを買ったんだけど、どちらもゲーム性はほぼ同じだったから、どちらか一方を買うだけでよかったと感じた。

買わなくてよかったソフト_スパロボOG

 まあ、そうは言ってもスパロボOGはそれなりに楽しんだゲームの一つ。内容自体は普通に面白いからね。ただ、もう少し様子を見て購入したほうがよかったとは言える。

 アキバズビートに関しては、体験版をプレイした人ならわかると思うけど、体験版だけで約8時間ほど遊べる内容から、購入しなくてもいいよね的な感じになった。

どっちつかずのソフトたち

どっちつかずソフト_DOOM

 ここに書くPS4ゲームソフトは、『どっちかっていうと、購入して(orしなくて)よかったのかな?』的な中途半端なゲームたち。

 ちなみにFPSの”オーバーウォッチ””バトルボーン””COD””DOOM””ホームフロント”はおいらがバトルフィールド1にがっつりハマってしまったため、こちらの未分類ソフトに置かせてもらった。

 もちろん、だからといってこれらFPSがつまらないというわけではない。どれも人それぞれ相性の合うFPSはあると思うので、あしからず。

どっちつかずソフト_スターオーシャン5

 スターオーシャン5とクロバラのワルキューレは本当にどっちつかずと言えるPS4ソフト。面白いともいえないし、つまらないとも言い切れない。

 スターオーシャン5は戦闘が楽しかったから個人的には評価がそれなりに高いけど、どうしても中途半端なところが目につきすぎた。

どっちつかずソフト_サモンナイト6

 サモンナイト6は、シリーズ未経験の僕には少し知識が足りなさすぎた。一応、シリーズを理解出来るシステムが存在するのは確かだが、どうしても覚えることが多すぎた。

 なので、僕の中では結果的にどっちつかずの作品に分類されることになった。

どっちつかずソフト_ウェイストランド2

 ウェイストランド2DCはただ単に、先行モニターに当選したってだけである。内容自体はRPGなんだけど、ダークソウルレベルでゲキムズだから結構やりごたえあって面白いよ。バグ多いけどね。

以上、2016年,PS4ソフト56作品中買ってよかったソフトと買わなくてもよかったソフトを紹介!でした!

個人的に今年は、全体的な過大評価と不評に振り回される年といえました!

特にフラゲ関係の情報はゲームの購買意欲を下げる結果を生みやすかったね。

自分の楽しみにしていたソフトを気軽に楽しめなかったプレイヤーも中にはいるんじゃないかな?

なにかと期待されるゲームソフトが集中していた今年。来年のゲームソフトにしっかりといいプレッシャーを与えてくれてたらいいね!

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す