PS4おすすめアドベンチャー5選!2016年最新版

こんちは!今回は探索大好き!ルート分岐大好き!な人におすすめするアドベンチャー特集!

厳選した面白いアドベンチャーゲームを是非とも参考にしてくれ!

それでは行きましょう!レッツアドベンチャー!

※ゲームによってはグロテスクな画像があるので注意!

アンティルドーン

PS4おすすめアドベンチャー_アンティルドーン

 PS4で最も怖いと言われる『アンティルドーン』。山荘に閉じ込められた8人の若者を操作して、山荘内を探索するアドベンチャーゲームだ。

 登場するキャラクターは実在する俳優たちをモーションキャプチャーで取り入れたものとなっており、演技もグラフィックも臨場感あふれるものとなっている。

PS4おすすめアドベンチャー_アンティルドーン_幽霊

【アドベンチャー要素】

 見る、調べる、手に入れる、選択する。アンティルドーンでは、これら四つの方法で物語を進めていく。

 また、見たものや調べたものを誰かに教える、あるいは手にいれたものを誰かに渡すか、渡さないかの選択で、物語は結末を変えていく。

PS4おすすめアドベンチャー_アンティルドーン_死

【ルート分岐要素】

 生きるか死ぬか。アンティルドーンのルート分岐は登場人物の生と死を意味する。そして、誰かが死んだとしても物語は進行する。

 ただし、登場したキャラクター達が死ぬことで、ストーリーの道筋やエンディングが変わるといったことはない。最後の登場人物のやり取りが変わる程度。

PS4おすすめアドベンチャー_アンティルドーン_ホラー

【評価/感想】

 ホラーとサスペンス要素を楽しめる最高傑作。アドベンチャーにしては、探索要素より驚きのほうが多い作品だが、演出は非常に面白い。

 シーンをスキップできなかったり表現規制が厳しかったりと、不備な所はあるが、ストーリーがしっかりしていて、映画感覚で楽しめるので、アドベンチャー好きには是非一度プレイしてもらいたい作品。

面白さ:★★★
ルート分岐:あり

ジャンル:群集劇ホラー
プレイ人数:1

ライフイズストレンジ

PS4おすすめアドベンチャー_ライフイズストレンジ

 過去、違う未来、そして現在。すべての時間軸を操作して目的を果たしていくアドベンチャーゲーム『ライフイズスレンジ』

 このゲームはカオス理論の一つ”バタフライ効果”をテーマにした作品で、”蝶の羽ばたきが最終的に嵐を作るという”というバタフライ効果の意味をゲーム内で演出している。

 ちなみに、上記で紹介したアドベンチャーゲーム”アンティルドーン”もバタフライ効果をテーマにした作品となっている。

PS4おすすめアドベンチャー_ライフイズストレンジ_アドベンチャー要素

【アドベンチャー要素】

 ライフイズストレンジは探索よりは謎解き要素が強いアドンベチャーだ。誰かを助けたり、罠を仕掛けたり、解除したりといった様々な謎解きを、時間を操作して解決する。

 また、物語中は選択肢も登場。主人公マックスにどういった行動をさせるかはプレイヤー次第だ。

PS4おすすめアドベンチャー_ライフイズストレンジ_ルート分岐

【ルート分岐要素】

 時には重要な選択肢もある。ゲーム内に登場する選択肢は基本、物語に関係しない。ただし、中には物語の展開を大きく変える選択肢が登場する。

 決定した選択肢は巻き戻すことができず、救われるもの、不幸になるものが決まる。特に最後の選択肢はエンディングに影響を与える重要な選択肢になっている。

PS4おすすめアドベンチャー_ライフイズストレンジ_評価/感想

【評価/感想】

 ゲーム性も内容も面白いライフイズストレンジ。エンディング間近で用意されている選択肢以外、あまり意味をなさない分岐には少々不満はあるが、ストーリーはとてもいい。

 また、時間を操作する要素をうまく使ったゲーム性も、非常に奥深い謎解きを楽しませてくれる。こちらもアンティルドーン同様、アドベンチャー好きには是非プレイしてもらいたいゲーム。

面白さ:★★★
ルート分岐:あり

ジャンル:青春サスペンス
プレイ人数:1

関連リンク:評価:ライフイズストレンジのプレイ内容を紹介

真 流行り神2

PS4おすすめアドベンチャー_真流行り神2

 得体のしれない事件に取り組むホラーゲーム『真 流行り神2』。オムニバス形式で展開される数々の犯罪を『北條紗希(ほじょうさき)』となり解決していく。

 また物語中は、身の毛もよだつ恐怖のイラストや都市伝説が登場し、プレイヤーを恐怖のどん底に陥れる。

PS4おすすめアドベンチャー_真流行り神2_ライアーズアート

【アドベンチャー要素】

 アドベンチャー要素は選択と理由付けの2つのみ。しかし、選択要素が他のゲームに比べるとバリエーションのあるものになっている。

 例えば話し手の嘘を暴く”ライアーズアート”や、事件をどういった目で見るかを判断する”セルフクエッション”など、様々な選択要素が存在する。

PS4おすすめアドベンチャー_真流行り神2_セルフクエッション

【ルート分岐要素】

 オカルト的か、科学的か。セルフクエッションで出した結論によって、物語はまったく違う結末を迎える。

 その他、誤った選択肢を選んだり、手がかりにちゃんとした理由をつけれないとバッドエンドがプレイヤーを待っている。

PS4おすすめアドベンチャー_真流行り神2_

【評価/感想】

 序盤はホラー、後半はSF。このゲームはホラー要素が強い物語がぞんぶんに楽しめる。といいたいところだが、残念なことに後半はSF的になる。

 オムニバス形式だからまだよかったものの、後半のシナリオは人を選ぶ出来となっている。序盤のホラーがかなり怖くて面白いだけに、ちょっぴり中途半端。

面白さ:★★☆
ルート分岐:あり
オムニバス形式

ジャンル:ホラー/ミステリー
プレイ人数:1

関連リンク:評価:真 流行り神2のプレイ内容を紹介

ルートレター

PS4おすすめアドベンチャー_ルートレター

 島根を舞台に、15年前ペンフレンドだった女性を探すアドベンチャー『ルートレター』。

 消息のわからない彼女を探すため主人公『マックス』は、当時彼女が送ってきていた手紙を手がかりに、7人の人間を探すことになる。

PS4おすすめアドベンチャー_ルートレター_アドベンチャー要素

【アドベンチャー要素】

 ルートレターでは移動、聞く、調べる、所持品を使用する、考えるなどの要素を使って物語を進行していく。

 それぞれは、事件の手がかりを探すことに使ったり、各章の最後に出てくる重要人物から追究したりするときに用いる。また、時には”マックスモード”と言われる、人の心を動かす熱い気持ちが事件の真相を明かしていく。

PS4おすすめアドベンチャー_ルートレター_分岐

【ルート分岐要素】

 返信した内容が運命を変える。ルートレターでは、各章の初めにペンフレンドだった女性との文通を見返す。

 返信内容は、選択肢形式となっており選んだ選択肢によってエンディングが変わる仕様となっている。エンディング内容は、サスペンスだったりホラーだったりと様々で、色々な終わり方を楽しめる。

PS4おすすめアドベンチャー_ルートレター_評価/感想

【評価/感想】

 ルートレターは、あまりアドベンチャー要素を活かしきれていないゲーム。せっかく行けるところが多かったり、探索できる要素があるのに、ゲーム内ではそれが活かしきれていない。

 物語はほぼ一本道で、エンディングのみ分岐する。それ以外は島根っこを探すなどの、地味な要素だけ。もう少しゲーム性を活かせれば最高傑作になりえた作品。

面白さ:★★☆
ルート分岐:あり

ジャンル:青春サスペンス/ミステリー
プレイ人数:1

関連リンク:評価:ルートレターのプレイ内容を紹介 真相を掴む斬新ADV

人喰いの大鷲トリコ

PS4おすすめアドベンチャー_人喰いの大鷲トリコ

 少年と人喰いと言われる大鷲の冒険『人喰いの大鷲トリコ』。少年は、謎の遺跡から脱出するため、大きな塔の頂上を目指す。

 このゲームは、少年と大鷲トリコ二人の意思疎通であらゆる仕掛けを解いていく、演出にこだわりをもったアドベンチャーゲームだ。

PS4おすすめアドベンチャー_人喰いの大鷲トリコ_アドベンチャー要素

【アドベンチャー要素】

 少年のアクションと、大鷲トリコのアクションが攻略のカギとなる。少年にしか行けない場所、トリコにしかできないこと、これらを少年を操作したり、トリコに指示を出したりして発見していく。

 時には、彼らの邪魔をする”ヨロイ”という敵がでる。しかし、このゲームで敵を倒せるのはトリコのみ。少年を操作するプレイヤーは、トリコをうまく敵の所に誘導して倒してもらわなければならない。

PS4おすすめアドベンチャー_人喰いの大鷲トリコ_ルート分岐

【ルート分岐要素】

 ルート分岐はなし。マルチエンディングもなし。一本のルートをトリコと少年で進んでいくのみ。

PS4おすすめアドベンチャー_人喰いの大鷲トリコ_評価/感想

【評価/感想】

 トリコに愛を持てば持つほど感動できる作品。このゲームはトリコに対してどれほど愛着心を持ったかが重要となるゲームだ。

 ただし一度エンディングを迎えた後は、オープニング画面に戻るだけで、なんの特典もない。操作も結構不自由なところがあるので、人を選ぶゲームとなっている。

面白さ:★★★
ルート分岐:なし

ジャンル:エスニックアドベンチャー
プレイ人数:1

関連リンク:評価:人喰いの大鷲トリコのプレイ内容を紹介

以上、PS4おすすめアドベンチャー特集でした!

アドベンチャーには色々なジャンルがあって面白いですな。

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す