PS4おすすめ!隠れた名作ソフト6選を紹介!

こんちは!今回は、PS4で発売された”名作だと思うのに以外と日本では売れていない!”と思われる、隠れ名作ソフト特集!

せっかくいい作品があるのに、オススメしないわけにはいかない!

ということで、早速埋もれた財宝を掘り出してみよう!レッツ、隠れ名作!

アキバズトリップ2

隠れた名作ソフト_アキバズトリップ

 日本を舞台にした隠れ名作、『アキバズトリップ2』。見た目的には万人受けしそうにないオタゲーに見えるが、実はこの作品、色々凝ってて面白い。

 主人公のカスタマイズ、RPG要素、リアルな秋葉原、戦闘、どれも新鮮な作りとなっており、なかなか他のゲームでは味わえない楽しみが用意されている。

隠れた名作ソフト_アキバズトリップ_攻撃モーション

 また、制作元がアクワイアということもあってか、キャラクターモーションはPS2時代に人気のあった『侍道』に似ていて、どこか懐かしい&馴染みのある作品となっている。

 ちなみにゲーム内容自体は、数人のヒロインから一人をメインにストーリーを進めていくマルチエンド方式。ゲーム進行中は、色々な選択肢を楽しむことも可能で、おバカな内容も複数用意されている。

隠れた名作ソフト_アキバズトリップ_評価

 個人的には、ストーリーのボリュームが少ないところに不満があるが、それ以外は、大がつくほどの満足度を誇っている。ただし、ここで注意しておきたいことがある。

 このゲームの続編的な作品、『アキバズビート』は、そこまでオススメできない。システムが一新され、全く違うゲームとなっているので、アキバズトリップと一緒のゲームだとは考えないほうがいい。

ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1

アマゾンでアキバズトリップ2を見てみる

ドラゴンクエストヒーローズ2

隠れた名作ソフト_ドラゴンクエストヒーローズ2

 前作のせいであまりいい売り上げをあげれなかったドラクエシリーズ、『ドラゴンクエストヒーローズ2』。前作のがっかりな出来を完全払拭してくれた至極の一品な、隠れ名作だ。

 登場するゲストキャラクターの薄さが前作よりも倍増してしまったという欠点があるのは事実だが、それ以外の部分は、全てパワーアップ。初代のつまらなさを忘れるくらい面白い作品だ。

隠れた名作ソフト_ドラゴンクエストヒーローズ2_フィールド

 ちなみにこのゲームは、無双シリーズの力を色々と借りている作品になっているのだが、他の無双や前作と比べると、RPG要素がかなり強くなっているので、無双シリーズの中では1、2を張れるほどのやり込み度がある。

 特に、前作にはなかった色々なワールドを冒険するといった要素や、ジョブ変更システム、熟練度システムなどは、従来のドラクエのRPG要素をしっかりと受け継ぐものとなった。

隠れた名作ソフト_ドラゴンクエストヒーローズ2_拠点

 前作をプレイして離れていったプレイヤーほど隠れた名作だと感じる、『ドラゴンクエストヒーローズ2』。前作でがっかりした気持ちになったあなたにオススメしたい。

ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1
オンライン:1~4

関連リンク:評価:ドラクエヒーローズ2のプレイ内容を紹介

エイリアンアイソレーション

隠れた名作ソフト_エイリアンアイソレーション

 ダブルミリオンの売り上げと数々の賞を獲得したにもかかわらず、日本ではマイナーな名作となった『エイリアンアイソレーション』。

 ホラーとしての出来が非常によろしい隠れた名作なので、是非ともおすすめしたい作品のひとつだ。

隠れた名作ソフト_エイリアンアイソレーション_エレン

 ゲーム内容は、戦闘よりも逃げる、隠れるに徹していて、さらに、”いつどこから敵が来るかわからない”という緊張感とともにステージを攻略していくので、非常に怖くて面白い。

 ストーリーは、1979年に上映した、映画エイリアンとエイリアン2の間の時代を描いており、主人公は、映画主人公『エレン・リプリー』の娘、『アマンダ・リプリー』となっている。

隠れた名作ソフト_エイリアンアイソレーション_エイリアン

 ただし、今の時代(このゲームが発売したのは2015年)にエイリアンを知っている若者がいるかどうかといったら、多分ほとんどいないだろう。ましてや、今の日本ではエイリアンなんて上映することはない。

 それが原因かどうかはわからないが、この作品は、日本ではあまり知られることはなかった。もちろん、ゲーム難易度が難しいという部分も可能性としてはあるので、そこんところひっくるめて、隠れ名作化したソフト。

ジャンル:FPS
プレイ人数:1

アマゾンでエイリアンアイソレーションを見てみる

テイルズオブベルセリア

隠れた名作ソフト_テイルズオブベルセリア

 ドラクエヒーローズ同様、前作が原因で売り上げがイマイチになってしまった隠れ名作『テイルズオブベルセリア』。個人的には神ゲーと感じるほど面白かった作品だ。

 特にストーリーが非常に感動と感銘を受ける作品となっているので、ストーリーにこだわっている人には、是非ともオススメしたい隠れ名作となっている。

隠れた名作ソフト_テイルズオブベルセリア_ベルベット

 ちなみに、今作が売り上げ的にイマイチになってしまった背景には、不評だった前作と物語がつながっている、またはプロデューサーが前作と一緒などといったことが理由として挙げられる。

 ただ、そうはいっても、今作『ベルセリア』の購入者満足度は、93.9%にも昇る。(※2016年バンダイナムコエンターテイメント調べ)

隠れた名作ソフト_テイルズオブベルセリア_戦闘

 確かに、一度失った信用を取り戻すのは難しいだろう。だが、このテイルズオブベルセリアは、確実に新しい信用を取り戻す作品となった。次につなげる、隠れた名作。そうなるといいね。

ジャンル:アクションRPG
プレイ人数:1

関連リンク:評価:テイルズオブベルセリアのプレイ内容を紹介

ライフイズストレンジ

隠れた名作ソフト_ライフイズストレンジ

 じわじわと人気が出始めている隠れ名作ソフト、『ライフイズストレンジ』。海外ドラマ風のストーリーで話題を呼んだ、謎解きアドベンチャーゲームだ。

隠れた名作ソフト_ライフイズストレンジ_プール

 ある女の子の青春時代と、サスペンス要素を盛り込み、さらに”時間を巻き戻す”といった操作を付け加えた、斬新で面白い内容だったのだが、PS4版ではイマイチ伸びが悪かった。

 その一つの要因として考えられるのは、Steam(PC版)の販売価格が、1000円という格安な値段だったからと感じる。

隠れた名作ソフト_ライフイズストレンジ_評価

 また、それ以外にも、グラフィックのショボさや、ボリュームの少なさといった部分も、ある程度売り上げに影響したんではないかと感じる今作。一度プレイすると高評価をしたくなるゲームなのは確かなんけどね。

 次回作が開発中ということで、今現在、また人気がじわじわと上がり始めている『ライフイズストレンジ』。アドベンチャー好きにおすすめしたい隠れ名作だ。

ジャンル:アドベンチャー
プレイ人数:1

アマゾンでライフイズストレンジを見てみる

ドラゴンエイジ:インクイジション

隠れた名作ソフト_ドラゴンエイジ:インクイジション

 個人的には、日本でも神ゲーとして祀られていたと思っていたくらい面白かった名作、『ドラゴンエイジ:インクイジション』。

 2014年にゲームオブザイヤーを獲得しているだけに、このまま埋もれてしまう作品ではないと感じてしまう、そんな隠れ名作といっていいだろう。

隠れた名作ソフト_ドラゴンエイジ:インクイジション_前作主人公

 ストーリーや、ゲーム内容が欧米特有のかなり濃い〜ものとなっているのは確かだし、日本でも発売されている前作『ドラゴンエイジ:オリジンズ』や『ドラゴンエイジ2』が、日本人向けに作られているかといえば、そうではない。

 だがしかし、RPGとしての面白さは抜群で、やり込み要素も、ストーリーボリュームも世界規模となっているのは事実。この面白さが日本で伝わらないのは、正直残念すぎる。

隠れた名作ソフト_ドラゴンエイジ:インクイジション_評価

 中には、前作をプレイして面白くないと感じたプレイヤーもいるだろう。ただ、ドラゴンエイジ:インクイジションは、前作の内容とは全く変わった”新しいシステム”で展開していることを忘れてはいけない。

 ファンタジーの王道、そして新感覚なテクニカルRPG。RPG好きなら、この隠れた名作を掘り出すにちがいない。

ジャンル:RPG
プレイ人数:1
オンライン:1~4

アマゾンでドラゴンエイジ:インクイジションを見てみる

以上、PS4おすすめ!隠れた名作ソフトを紹介!でした!時代が経つと、神ゲーも忘れられていくのかのう。

でもレトロゲームとかって、未だに神ゲーだと評価高いよね。やっぱり神ゲーには、他のゲームソフトには埋まらない特別ななにかがあるんでしょうかね。

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

コメントを残す