評価:アキバズビートのプレイ内容を紹介

アキバズビートの評価/レビュー/感想/面白い

こんちは!

今回はアキバが舞台のRPG,AKIBA’S BEATを評価/感想/レビュー付きで紹介!

昔アキバを舞台に作られたアキバズトリップとは全く違う展開のアキバーズビート。どんな内容か気になるね!

それではさっそく行ってみよう!レッツ!アキバ!

アキバズビート内容

アキバズビート内容

 アキバは人々の”妄想”で変わった。幼馴染と会う約束をしていた主人公『アサヒ』は、待ち合わせ場所に行く途中で、いつもと違う秋葉原の光景を目にする。

 動揺を隠せないアサヒの前に、なにかを知っている一人の少女と、謎のマスコットが話しかけてきた。夢か現実かわからないアキバで今冒険が始まる。

アキバズビート_目的

 ゲームの目的は”人々の妄想を破壊すること。”アキバの人々が考える妄想で、月曜日が来なくなってしまったアキバでは、永遠に同じ日曜日が繰り返されている。

 プレイヤーは現実と異世界があるアキバを、ニートで暇な主人公アサヒくんと心強い仲間たちを操作しながら探索していく。

アキバズビート_オプション

 難易度は”イージー””ノーマル””ハード””イマジン”の4つ。RPG要素の強いゲームではあるが、アクション要素もあるのでアクションが苦手ならイージを選ぶといいだろう。

 ちなみにアキバズビートは、ほぼ会話イベントで構成されているゲームということもあって、テキストの速度を選択できるといった項目も最初に選択できる。

アキバズビート_操作方法

 操作方法は従来のRPGと同じで、戦闘もそこまであくせくしなくても大丈夫な仕様だ。また、ボタン配置をプレイヤー任意で自由に変えることができるので、自分に合った操作方法を作ることも可能だ。

※体験版から本編を引き継いだプレイヤーは序盤のトロフィーを獲得できないので注意!

ジャンル:RPG
プレイ人数:1

ゲームシステム

アキバズビート_ゲームシステム

 アキバズビートは異世界と現実世界を行き来しながらストーリーを進めていくRPGだ。主人公たちはまず現実世界で、異世界に関する情報を得たり、装備の準備を整える。

 現実世界には”昼””夕方””夜””深夜”と時間帯が存在し、基本ストーリーが進むことにより時間帯は変わっていく。

アキバズビート_マップ

 探索する場所は当然”秋葉原”。現実で探索できる秋葉原では、装備の準備、サブイベント、メインストーリーなどを主に行動をする。

 ゲーム開始時からほとんどのエリアは解放されていて、移動をするときはファストトラベルなどの機能も利用できる。

アキバズビート_買い物

 そんなアキバでは、”アイテム””アパレル””パソポン””カード”の4つのショップが用意されている。ショップで購入するものは戦闘や、探索をとても有利なものにしてくれる。

 ただし、ショップごとに置いてある商品が違うといったことはないので、秋葉原という街を色々歩き回って楽しむといった要素はないと言っていい。

アキバズビート_サブイベント

 ちなみにアキバズビートでは、サブイベントでもアイテムを獲得することができる。サブイベントはプレイヤーの任意でできる各キャラクターのイベントで、アキバの街を色々移動するイベントだ。

 各キャラクターのイベントや、少しお得なアイテムをゲットしたい場合は積極的にサブイベントをこなしていこう。

アキバズビート_異世界

 そして準備が整ったらOK!早速異世界に冒険だ。異世界は基本メインストーリーを進めることにより、どんどん増えていく。

 異世界を攻略する間は、期限概念などはなく、一度発見した異世界は2度3度と冒険することができるようになっている。

アキバズビート_敵

 異世界には敵が”シンボルエンカウント”で登場する。敵に触れると戦闘用のステージが展開され、戦闘が始まる仕様だ。

 アキバズビートではバックアタックでダメージが入る。敵に後ろを取られるか、逆に敵の後ろを狙えるかで戦況は変わる。

アキバズビート_メニュー

 もしパーティ編成やアイテムの見直し、その他もろもろをしたいのであれば、メニュー画面を開いて確認だ。

 アイテム使用、装備の他に、このゲームの醍醐味ミュージックの変更やサブイベント、メインストーリーの進行状況も確認できるので、迷ったらメニュー画面を開こう。

戦闘操作

アキバズビート_戦闘

 戦闘は、前作”アキバズトリップ”とはまったく違う。アクション要素がある戦闘ではあるが、AP(アクションポイント)という消費ポイントがないと行動できない。

 テイルズシリーズをプレイしたことのある人は、馴染みやすい戦闘と言える。

アキバズビート_作戦

 また戦闘中は操作キャラクター以外はAIで動く。戦闘前に”ターゲット””基本行動””HP消費””SP消費””オートアイテム”などの行動を指示して戦闘でうまく立ち回らせよう。

 もちろん戦闘中は、操作キャラクターをボタン一つで変更することもできるので、状況にあった戦闘を楽しめる。

アキバズビート_戦闘の基本

 戦闘は基本、4人+サポートキャラクターで構成されている。戦闘に参加するキャラクターはターゲットを決めた後、上段、中段、下段の通常攻撃を用い、さらにSPを使ったスキルを使いながら戦闘を行う。

 また戦闘中は、ステップとガードをして敵の攻撃をかわす。ステップもガードも攻撃同様APを消費するものだが、0の状態でも使用することができる。

アキバズビート_サポート役

 ちなみにサポート役は戦闘に参加はしないが、戦闘に参加しているキャラクターに一定の恩恵をもたらすキャラクターだ。

 また戦闘中もそれ以外でもとにかくよく喋る。色々な情報を教えてくれるキャラクターたちは戦闘だけでなく、探索も楽しませてくれるのは確かだ。

アキバズビート_イマジンモード

 そして戦闘中には、”イマジンモード”なるものを使用出来る。これはいわゆる、”PVごっこ”で、APを気にせず音楽にノリながら敵を爽快にやっつけていくモードだ。

 音楽にはそれぞれショートバージョンと通常バージョンが用意されており、敵の強さで長さを変えるといった戦術も可能だ。

アキバズビート_イマジンフィールド

 イマジンモードは2段階で構成されており、一度イマジンモードを使用すると次使用する時は”イマジンフィールド”となる。

 イマジンフィールド中は曲にサビが導入され、さらに強力なダメージを敵に与えることができるのだ。みんなも曲のサビに入ったら目をカッと開く演出したことあるやろ?ようはそれと同じや。

アキバズビート_戦闘メニュー

 戦闘中に、アイテムを使用したかったり他敵を狙いたい場合は時を止めて選択することも可能だ。じっくりと戦術を考えたい時にも使えるので、危なくなったらとりあえずメニューを開くのもいい。

アキバズビート_カード

 戦闘がきつい思ったら、装備を見直そう。メニュー画面にあるパソポンと言われる項目では、武器の性能を上げたり、曲数を増やしたり、APを増やすと言ったことが可能で、戦闘を有利にしてくれる。

 また帽子、服、アクセサリーを変更することで防御力を上げることも可能だ。そしてより強くなれる要素をもつトレカを装備すれば戦闘はだいぶ楽になるだろう。

アキバズビート_レベルアップ

 もちろんスキル選びも重要な要素だ。スキルは合計8つ、簡単セットアップすることができる。とにかくよく使うと思ったスキルはちゃんとセットしておきたいところ。

 ちなみにスキルはレベルがあがると覚えるので、レベルを上げることも戦闘を有利にする一つの手段となる。

やり込み要素

アキバズビート_やり込み要素

【クエスト】

 特定の条件をクリアするといったもの。特定の敵を一定数倒せ!とか特定のアイテム集めて!などなど。

【トレカ】

 レア度がついているカード。各キャラクターそれぞれ二つ装備することができ、二つ名を設定できる。二つ名の内容により得られる性能が変わる。

【サブイベント】

 各キャラクターのイベント。秋葉原をあちこち歩き回り会話イベントを楽しむ。クリア後はアイテムゲット。

【クリア時間】

 体験版は約8時間でクリア。ほぼ会話イベントで時間をとってる。

アキバズビートのプレイ評価/感想

アキバズビートのプレイ評価/感想

 今作アキバズビートは総合的に見て、凡作ではないが良作止まりだ。戦闘は楽しいが、物足りない!というのが率直な意見。

 ストーリーは初っ端からちょっぴりホモ臭い演出ではじまり、オタク特有のギャグ路線で展開されていく。しかし、前作のアキバズトリップのようなバカゲーとはノリが違う。

 フィールドとなる秋葉原はとにかくつまらない。サブイベントやショップを見る以外に面白みがない。アキバでなくてもよかったのでは?と感じる。

 会話イベントは非常に多く、ゲーム中のほとんどが会話イベント。全フルボイスなのはいいが、これでよかったのか?

 戦闘は結構楽しいが、惜しい。イマジンモード時に最強技とか、ド派手な演出があれば面白かったが、ただただ連打するだけとは。残念!あと攻撃に上段、下段がある必要がわからない。

 非常にペルソナに近い世界観ではあるが、ペルソナに比べると、ダンジョンの作りや演出がまったく違う。そしてアキバズトリップであった、秋葉原の雰囲気や良さがなくなっている。助けてくれーーーー!

以下ではアキバズビートのプレイを約9分30秒の動画で紹介しています。

【アマゾン】アキバズビートの口コミ/評判をみてみる

以上、アキバズビートのプレイ内容を紹介でした!

アキバ久しく行っていないのう。メイドカフェのお姉さんとアフターできないかね〜

ということで今回はここまで!閲覧ありがとう!

【Amazon】アキバズビートの最安値を見てみる

最後まで読んでいただきありがとうございました!よければ各SNSでシェアしてくれると嬉しいです♪

※ツイッターにてフォロワー募集中→https://twitter.com/kitumeatama

コメントを残す