評価/感想/レビュー:巨影都市のプレイ内容を紹介

評価/感想/レビュー:巨影都市のプレイ内容を紹介

こんちは!今回は、謎の巨大な影から逃げる、わけわかめな展開アドベンチャー、巨影都市を評価/感想/レビュー付きで紹介!

絶体絶命都市のシステムを受け継いだ作品となっている今作は、笑いあり、涙なしでは語れない、最高のアドベンチャーになりそうだ!

とりあえず、どんな感じなのかわかんないから、早速見てみよう!レッツ、巨影!

巨影都市内容

巨影都市_あらすじ

 ある日、ある目的を持って、ある都市についた主人公である、あなた(プレイヤー)。あなたは、ある女性(ヒロイン)に会うため、ある場所に向かう途中だった。

 しかし、移動中に、空から謎の巨大な影が突如として、あなたを襲う。都市全体を覆うように巨大な炎があなたの前に立ちはだかる。この先を抜けるために必要なものは、あなたの選択だけだ。

巨影都市_ゲーム目的

 謎の巨影から逃げ延びるのが目的の、巨影都市。主人公であるあなたは、会話選択肢から、自分の身なりや性格を決めることができる。

 用意されている人物像は、サラリーマン、大学生、チャラついた性格、個性のない人物の、4種類で、性別も変更可能だ。

巨影都市_ヒロイン

 また、ヒロインも会話選択肢の中から、容姿を変更することができる。ボイスや、性格に関しては全て同じで、容姿も後々から変更することができる。

巨影都市_オプション

 オプションでは、コントローラーの振動設定、画面明るさ設定、視点上下左右設定、各種音量設定などが変更可能だ。また、体力、カメラ、マップなどの、HUD設定も可能。

 難易度設定は、変更不能。というより、そもそも難易度は存在しない。アクションとしては、簡単なほうだが、瞬発力を求められるところが多いので、人によっては、難しいかもしれない。

ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1

ゲームシステム

巨影都市_ステージ構成

 巨影都市は、用意されたステージを攻略していく、ステージクリア型のアクションアドベンチャーだ。基本は、ステージごとに目的地が定められており、その場所に向かってプレイヤーは進んでいく。

巨影都市_カメラワーク

 移動時は、三人称視点、中間視点、一人称視点、そして、巨影カメラ視点を使うことができる。巨影カメラは、巨大な生物がいた時のみ使える視点で、巨大生物にフォーカスを当てた視点を楽しめることができる。

 場面によっては、使いづらい視点も出てくるので、状況に応じて、視点を変更していこう。

巨影都市_ゲームオーバー

 用意されたステージは、基本、プレイヤーにとって、とてつもなく危機的状況となっており、瞬発力を求められることも多い。ちょっとした判断ミスが、死を招くこともあるので、注意が必要だ。

巨影都市_謎解き

 また、ステージ内には、プレイヤーの進む道を阻む、いくつかの障害が用意されている。時に、時間制限内にクリアしなければならなかったり、時に誰かと協力しないといけない場合もある。

 とてつもなく、危険な状態が続くと思われるが、謎解きが出た時は、冷静に判断して、行動したほうがよさそうだ。

巨影都市_操縦

 ちなみに、移動中は、ロボの操作やフォークリフトなどの操作もすることができる。この場合、普通の移動とは、また別の操作をしなければならなくなる。

 ちょっと操作がわからないと思った場合は、移動中に確認できる、操作方法を見ながら、操作をするといいだろう。

巨影都市_話しかける

 そして、ステージには、隠された要素もいくつか存在する。ステージにいる人と話してみたり、そのステージでした手に入らないようなアイテムを獲得するのも、このゲームの醍醐味だ。

 中には、ステージを超えて、繰り広げられる『お手伝いミッション』のようなやり込み要素もある。とてつもなく危機的状況の中、誰かのお願いを聞くのは大変だが、もし誰か困っている人を見かけたら、話しかけてみよう。

巨影都市_選択肢

 もちろん、人と会話する時は、会話選択肢が登場する時がある。会話選択肢は、真面目なものから、おバカなものまで、様々。

 会話イベントの中には、約10つの選択肢の中から一つを選べるといったシーンも登場する。自分に合った、選択肢を選ぶも、ふざけた選択をするも、全てはあなた次第。

巨影都市_リザルト画面

 ステージをクリアすると、リザルト画面に移行する。リザルト画面では、ステージ内で手に入れたコインを使って、新しいコスチュームを手に入れたり、クリアしたステージの概要などを確認することができる。

 また、前回クリアしたステージのバックログなども確認できるので、ストーリーがわからなくなったと感じたら、見てみるのもいいかもしれない。

操作方法

巨影都市_アクション要素

 操作方法は、『調べる、話す、伏せる、避ける、走る』の5つ。走る場合は、スタミナを消費するので、逃げる際は、スタミナゲージに注意しなければならない。

 伏せる行為は、狭い場所を行き来する際や、誰かから隠れる時に重要になってくる操作となっている。

巨影都市_避ける

 避けるという行為は、このゲームにとっては、とても重要な操作だ。基本、危険な状態が続く巨影都市では、大きな落下物が突然落ちてきたり、床が抜け落ちたりといったことが、常に起きる。

 また、プレイヤーに敵対心を持っている人物が攻撃を仕掛けてくることもある。その際、緊急で回避をすることがとても大事となり、もし回避ができなかった場合は、体力を消耗、あるいは死んでしまうこともあるので、注意が必要だ。

巨影都市_服装

 ちなみに、体力やスタミナは、現在着ている服装やアクセサリーによって、限界値が変わってくる。コスチュームは、ステージ内で手に入るものもあれば、ステージ内にあるコインを使用して、手に入れることもできる。

 どの服装も、それぞれ能力が違うので、自分にちょうどいいと思うもの、あるいは、こういうコスプレしてみたかったんだ♪と思うものを選ぶといいだろう。

巨影都市_服破れ

 また、服装は、ダメージを受けすぎると破れてしまう。破れたところで、デメリットはないが、見た目的に悪いと感じたなら、5000円を払うことによって、直すことができる。

 破れは、一段階、あるいは、ものによっては二段階の破れ段階となっている。女主人公を使って、エロ破れを考えているのであれば、どんどんやぶっちゃうのもいいだろう。

巨影都市_回復アイテム

 今すぐ体力が回復したい!という場合は、消費アイテムを使用しよう。消費アイテムは、売店で購入するか、ステージ内で手に入れることができる。

 回復アイテムの中には、回復したあと、移動中に、持続して効果を得られるアイテムなども存在する。特別なアイテムなどは、肝心なときに使用したほうが良さそうだ。

やり込み要素

巨影都市_やり込み要素

【サブクエスト】

 ステージ攻略中、誰かから頼みごとをされることがある。

【コイン】

 三種類のコインを集めることによって、服装などが手に入る。

【見た目変更】

 鏡をみることで、髪型を変更。また、手に入れた服装はいつでも変更可能。見た目には、帽子、服装、メガネ、マスク、手持ち、グローブ、アクセサリー(同時に2個装着可能)の7種類用意されている。ヒロインにも見た目装備を着せられる。

【性別】

 主人公の性別を決めることができる。性別によっては、行ける場所が変わる。ヒロインは絶対に女性。

【収集物】

 ステージ内には、いろいろな資料などが用意されている。巨影都市の、真相に近づけるなにかがあるかもしれない。

【ルート分岐】

 選択肢によって、ステージが変わる。

【クリア時間】

 エンディングまで見て、約10時間。エンディングがいい味出してた。引き継ぎ要素はなし。

巨影都市の評価/感想

巨影都市の評価/感想

 巨影都市を総合的に評価すると、良作[40~70点]です。演出的には非常に面白いゲームだが、スペックがそれについてきていない、といった印象。

 ストーリーは、しっかりとした部分もあり、おバカなところもあるような感じで、巨大生物が戦っているすぐ隣のカレー屋で飯を食うといった、少しリアリティに欠ける作品。バカゲーとしてみれば最高に楽しい。

 また、女性主人公でやる場合、ストーリー中の会話に少し違和感を感じる。会話自体は、基本男性主人公でできているため。

 アドベンチャー要素は、かなりよくできている。ステージ内にある、隠された要素を探すのも楽しいし、色々な服装を楽しめるのもいい。会話選択肢は、ふざけたものが多数用意されていて、笑える。

 アクション要素も、危機感を体験しながら、色々な仕掛けを突破していくので、面白い。ただし、ステージによっては、画面が非常にカクカクしたり、遅延したりするので、操作しづらいといった難点が出てきた。

 また、画面が見づらいエリアもあったりして、やりづらいなあ、と感じる部分も見受けられた。個人的には、こういった悪い部分を直すことで、最高にいい作品になったと感じた。

以下では、巨影都市を約9分の動画で紹介。どういったことができるかを確認することができます。

アマゾンで巨影都市の口コミ/評判を見てみる

以上、巨影都市のプレイ内容を紹介でした!良くも悪くもグランゼーラさんの感じが出ていて良かったね!

PSHOME時代は、とてもお世話になったけど、今作もそんなPSHOMEっぽい良さを出してくれてて良かったわ。

絶体絶命都市が好きな人は、とりあえずプレイしてみてね!ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

アマゾンで巨影都市の最安値を見てみる

コメントを残す