評価:レゴワールドのプレイ内容を紹介

レゴワールドのプレイ内容を評価/感想/レビュー付きで紹介

こんちは!ついに来ました!レゴの世界でサンドボックス!レゴワールド!

老若男女みんなが楽しめるレゴの世界をクラフトしていくなんて、とっても素敵ね!

ということで、今回はこのレゴワールドを評価/感想/レビュー付きで大紹介!マインクラフトを超えることはできるか!?

それでは、早速行ってみよう!レッツ、レゴワールド!

レゴワールド内容

レゴワールド内容

 宇宙に広がる”レゴの世界”。プレイヤーはその色々なレゴの世界に宇宙船で移動しながら冒険をする、サンドボックスというよりは、どっちかっていうと、アドベンチャーよりな内容だ。

 ゲーム目的は、”ゴールドブロック”を集めること。ランダムで構成された世界に存在する、人々のお願い事や、宝を手に入れて、たくさんのゴールドブロックを手に入れよう!

レゴワールド_キャラクリ

 もちろん、レゴの世界での主人公はプレイヤーだ。色々なキャラクターの体や、顔などを装飾して、オリジナルキャラクターを作成しちゃおう。

 ちなみにキャラクリで変更できる部分は、帽子、頭、髪の毛、ヒゲ、体、腕、手、腰、脚、アタッチメント(装飾品)、マントの11種類だ。

レゴワールド_オプション

 オプションでは、明るさの変更や、モーションブラーのON/OFF、字幕のON/OFFなどが変更可能だ。操作方法を変更するといったことや、難易度変更などはない。

ジャンル:サンドボックス
プレイ人数:1~2
オンラインマルチ:2(フレンドとのみ)

ゲームシステム

 レゴワールドは、ゴールドブロックを特定数集めることによって、作れる世界の規模が変わってくる。

 世界の規模は、10,25,50,80のゴールドブロック数で分けられていて、数が大きくなるほど、新エリアやより大きなマップを生成できるようになっていく。

 そして、ゴールドブロックを100集めると、そこでやっと自分だけの世界”フリーワールド(プレイヤーが作れる自由な世界)”を楽しめるようになっている。

レゴワールド_宇宙

 また、世界は、ランダムで生成される最大10つの世界の中から一つを選ぶことができ、プレイヤーはその世界に旅立つことができる。

 ただし、チュートリアル(レゴブロックを10個集めるまで)は、あらかじめ決められた世界をビルドマシンの説明とともに冒険していくことになっている。

レゴワールド_エリア

 ランダムで構成された世界には、時間概念が存在し、マグマや森林地帯、魔女が住む沼地、原始人の居住区、整備士たちのエリア、海中など、複数の場所が用意されている。

 どのエリアにも、そのエリアにしか存在しないオブジェクトやアイテムなどがあり、非常に冒険心をくすぐられる設計となっているのは確かだ。

レゴワールド_クエスト

 そんなレゴの世界では、色々な問題が起きる。助けを求めているNPCや餌を欲しがっている動物、そしてレゴビルドを必要とする場所。

 プレイヤーは、その様々な問題を解決し、ゴールドブロックを獲得し、移動できる世界を広げていく。もちろん、ゴールドブロックを集めるだけがこのゲームの全てではない。

レゴワールド_トレード

 アイテムをレゴコイン(ゲーム内通貨)で交換したり、室内や、洞窟に隠れている冒険に役立つアイテムが入っている宝箱を探すのもこのゲームの醍醐味だ。

 もちろん、クエストの中にも特別なアイテムをくれるクエストも存在したりする。色々なアイテムをゲットして、レゴワールドをより一層楽しもう。

レゴワールド_山登り

 ちなみにレゴワールドでは、壁登り、攻撃、ジャンプ、ローリングというアクションを行って、様々なエリアを冒険する。

 キャラクターの頭によっては、特殊能力が使えたり、歩き方が変わったりと、色々な変化を楽しむこともできるので、色々なキャラクリを楽しんでみよう。

レゴワールド_乗り物

 もちろん、乗り物も超充実!特殊な能力を繰り出せる車や、飛行機、ボート、自転車など、なんでもありで、種類も超豊富。大きな世界で有利に使いこなそう。

レゴワールド_マップ

 しかし、ここで注意しておきたいことがある。それは、全体マップが、モザイクのようで、非常に見づらいということだ。探索率を確認したり、この世界で、なにを収集したのかを確認することはできるが…少し微妙だ。

 また、瞬時に移動することができるファストトラベル機能などの仕様もないので、注意が必要だ。ただし、上空から任意の場所に移動するパラシュート機能は微妙に使えるものとはなっている。

レゴワールド_移動

 今の世界に飽きた?そう思ったなら世界を変えてみよう。現在存在する世界は、消去することもできるし、残すこともできる。そして、他の世界を新しく作ることも可能だ。

 新しいエリアでしか手には入らないアイテムを求めたり、ゴールドブロックを十分獲得したと思ったら、次の世界に行くのも悪くない。

クラフトツール紹介

レゴワールド_クラフト

 このレゴワールドには、『ツール、インベントリ』と言われるものが存在する。合計7つの種類が存在し、それぞれが違った機能を持っている。

 今回は、その7つのツールやインベントリたちを一挙紹介!これで君も、レゴ世界のビルドマスターになろう!

レゴワールド_インベントリ

【インベントリ】

 これはツールとは関係ないが、どのようなアイテムを現在所持しているかを確認できる場所だ。ほとんどのアイテムは、世界で拾ったり、オブジェクトを壊したり、もらったりすることで、獲得できる。

 ただし、インベントリの中には、ゴールドブロックの所持数によって、獲得できるアイテムも存在する。最大65までゴールドブロックを集めることによって、合計5つの超重要なアイテムを手に入れることができる。

レゴワールド_発見ツール

【発見ツール】

 発見ツールは、このレゴワールドではとても重要になるツールだ。世界に設置されてあるオブジェクトや動物にフォーカスを当て、ツールを使用すると、そのオブジェクトを次回から、解除と削除することができるようになるのだ。

 削除は、そのままのとおり目の前にあるオブジェクトを消す機能で、解除はゲーム内通貨を消費することにより、新しく設置できる機能のことだ。

レゴワールド_発見ツール種類

 種類は、キャラクター、動物、乗り物、オブジェクト、ブロックビルド(主に建造物)の5つで分けられている。どれもマップに設置することが目的のものだが、キャラクターの場合、通貨を消費すれば、キャラクリとして使用することも可能になる。

 ただし、この発見したアイテムの中には、特定のクエストをクリア、あるいは、敵を倒す、餌を与えるなどの条件を満たさないと発見ツールを使用できないアイテムたちも存在する。

レゴワールド_ペイント

【ペイントツール】

 ペイントツールは、その名の通り、レゴブロックの色を変更するツールだ。発見ツールで紹介したアイテムの色を変更することはできないが、ブロックで作られた建造物などは色を変えることができる。

 色は、何百種類と用意されており、また、オブジェクトを溶岩にしたり、水に変更したりするといったことも可能だ。(新しいエリアに行くことで解放されるペイントも存在。)

レゴワールド_ブラシ

 また、ペイントは、ブラシにこだわることも可能だ。はっきりとしたブラシを使ったり、周りを少しぼかすようなブラシが用意されている。

レゴワールド_ビルドツール

【ビルドツール】

 ビルドツールは、建物などを作りたいときに使うツールだ。ブロックの色の変更や、現実のレゴでもよく使われるブロックを使って、色々なものを創造しよう。

レゴワールド_種類

 ブロックの種類は、通常ブロックが50、プレートが65、タイルが17、スローブ(斜めブロック)が58、家用パーツ(扉など)が109、色が79と用意されている。

 設置するときは、回転や空中設置など、とにかく色々なことをすることも可能だ。みんなが驚く建造物を建ててみよう。

レゴワールド_コピーツール

【コピーツール】

 同じものを二つ以上作りたいときに使えるツール、それがコピーツールだ。コピーツールにはセーブとコピーの二つの機能が備わっていて、それぞれ用途に合わせて使うことができる。

 コピーはその名の通り、自信が選択した範囲のコピー部分をそのままコピーするもので、セーブは、範囲で包んだ部分を発見ツールのブロックビルドに登録して、いつでも使えるようにできる機能だ。

 セーブに関しては、コピーしたデータを保持することができるので、非常に便利な機能になることは間違いないだろう。

レゴワールド_地形ツール

【地形ツール】

 地形を盛り上げるのも、盛り下げるのもあなた次第!それが、地形ツールだ。地形の形を変えるのはもちろん、そこにあった地形を追加&削除するといったことも可能で、自由な施しを可能としている。

 また、くぼんだ地形を平坂化したり、地形を整地することも可能で、さらに地形を泥沼などから、熱帯雨林などの地面に変更するといったことも可能としている。

レゴワールド_地形ツール

 もちろん、どのような形の地形を作成できるかも、任意で選ぶことができる。ピラミッド型にするもよし、山のような自然な形を作ることもよしだ。

レゴワールド_フリービルド

【フリービルド】

 フリービルドは、今まで紹介したツールたちをショートカットに収めた、クラフトに集中したいがために使う機能だ。何かものを作るときは、それ以外の機能が邪魔になってしまう。そう思っている人にはとっても重宝できるものだろう。

やり込み要素

レゴワールド_やり込み要素

【アイテム集め】

 世界には、ものつくりの他にもゲームとして楽しめるアイテムがたくさん用意されている。武器、動物を従わせる餌などをあつめて、レゴワールドを楽しもう。

【街】

 ランダムで作られたワールドの中には、時に街が作られていることがある。色々な人が住んでいたり、現代的なオブジェクトを獲得することができる。これを探索中に見つけれると、結構感動する。

【ダンジョン】

 こちらも街同様、ランダムに登場するもので、中に入ると、恐ろしい罠や、敵がプレイヤーを待っている。もちろん、ダンジョン最深部には、豪華な宝箱が置いてある。

【レジェンダリー座標】

 謎のQRコードに描かれた文字コードをワールド座標のところに書くと…。レジェンダリー座標は合計4つの板を集めて初めてQRコードとなる。

【フリービルド】

 レゴブロックでできている世界なだけに、繊細で、より複雑なものが作れる。さらに、オブジェクト(トイレとか、テーブルとか)数もかなり多いので、自分の考えたものは、ほぼなんでも作れると言っていい。

【カスタムワールド】

 ゴールドブロックを100集めると作成できるオリジナル世界。大きさは、小さい、中くらい、大きい、とても大きいの4つから選択可能。また、エリアの一部を設置することも可能。

レゴワールドの評価/感想

レゴワールドの評価/感想

 レゴワールドを総合評価すると、神ゲーにあと一歩の佳作となっております。非常に面白い要素が豊富にあり、サンドボックスとしても、最高にいい出来だと思うけど、非常に惜しい作品だ!

 まずこのゲームのダメなところは、倦怠感がでやすというところだ。ゴールドブロックを100集めるまでは、色々な世界を冒険するのだが、同じようなクエストがあるだけで、あまり面白みを感じない。

 せっかく、キャラクターや乗り物の豊富さ、そして、アイテムの豊富さが超ピカイチなのに、とても残念なゲーム性となっている。

 個人的に思うのは、最初からフリーワールドが使えるだけで、全然面白さが変わったゲームだと言えるし、また、自由度があったゲームと感じる。

 UI関係は、地味に不快なバグややりづらさが目立つが、低価格でのこのクオリティは、まさに化け物!これを二人だけでなく複数人でプレイできたら、本当にどのゲームも勝てないようなゲームになっていたかもしれない。

 個人的には、マインクラフト系というよりも、アドンベチャーを楽しむゲームと感じた。錬金術とか、武器カスタマイズできないしね。ただ、管理人きつめのフレンドはマインクラフトより、こっちのゲームのほうが面白いと言っていたぞ。

 オンラインマルチは、強制エラー多し、バグ多しで、非常に悪環境と言える。一人でプレイするより、断然面白いのは確かだが、地味に辛い部分が多い。

 ノーマンズスカイと若干似ているかも。ノーマンズスカイについてはこちら→評価:ノーマンズスカイのプレイ内容を紹介

 以下では、レゴワールドを約11分の動画で紹介。どんなことができるのか、どういったゲーム内容なのかを確認することができます。

アマゾンでレゴワールドの口コミ/評判を見てみる

以上、レゴワールドのプレイ内容を紹介でした!レゴは最近飛ばしてますな。レゴランドといい、ワールドといい、ものすごいな。

ブロックでここまでこれるなんて、さすがレゴさんっすわ。尊敬いたしやす。

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

【Amazon】レゴワールドの最安値を見てみる

コメントを残す