評価/感想/レビュー:スクールガールゾンビハンターのプレイ内容を紹介

スクールガール/ゾンビハンター_評価/感想/レビュー付きでプレイ内容を紹介

 こんちは!

今回はゾンビと女子高生という面白い要素を足した神ゲー、スクールガールゾンビハンターを評価/感想/レビュー付きで紹介!

期待しまくりの諸君!どんなゲームか気になるか!?知らない方が身のタメだぞ!

ということで、早速レビューするぜ!レッツ、スクールゾンビ!

スクールガールゾンビハンターの内容

スクールガール/ゾンビハンター_ストーリー

【ストーリー】

 文武両道を掲げる”霧索高等学校”。ここに突如大量発生したゾンビたち。気づいたらビーチクにトマトの輪切り、股間に葉っぱをつけて高校の屋上で気絶していた女子高生『秋葉サユリ』。

 襲い来るゾンビを目の前に、”リサ”という女性を心配しつつ、ゾンビたちに向けてピストルを構えるのであった。

スクールガール/ゾンビハンター_内容

 ゲーム目的は、霧索高等学校からの脱出。ゾンビたちの影響で、完全に外部から隔離された状態の高校を舞台に、プレイヤーは5人の女子高生を操作して脱出を試みる。

 画面は3人称視点でできており、基本は銃を構えながら進んで行く。

スクールガール/ゾンビハンター_コンフィグ

 ボタン配置設定は、割と自由にカスタマイズできる仕様。また、ボタン割り当て以外にも、血の表現やサウンド設定、カメラ設定などのカスタマイズも可能だ。

 難易度はノーマルとハードの二つ。厳密に言うと、ノーマルステージとハードステージの二つが用意されている。

スクールガール/ゾンビハンター_難易度

 ちなみに、葉っぱ隊みたいな衣装が欲しい場合は、初回封入特典のスクールガールゾンビハンターを購入すればついてくる。

ジャンル:TPS
プレイ人数:1

オンライン:1~5

ゲームシステム

スクールガール/ゾンビハンター_ゲームシステム

 スクールガールゾンビハンターは、ステージ攻略型のTPSだ。ステージにはそれぞれミッションタイプと制限時間が設けられている。

 ミッションタイプは”殲滅””目的地到達””カードキー入手””拠点防衛””援護狙撃””物資回収””ボス撃破”などが存在する。

スクールガール/ゾンビハンター_装備変更

 ステージ攻略前は、装備変更画面で準備をすることができる。ステージに持っていける武器は全部で5つで、攻略中は武器を切り替えながら戦うこともできる。

 ちなみに武器の種類は、ハンドガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、ショットガン、サブマシンガン、ロケットランチャーの6種類用意されている。

スクールガール/ゾンビハンター_装備

 また、それら武器装備の他に部活攻撃(近接攻撃)、髪色、衣装、靴、下着なども装備変更可能だ。

 エロ以外に何の魅力もないゲームなので、ちょっぴりエッチな格好にしても誰にとがめられることもないよ。

スクールガール/ゾンビハンター_レベル

 ちなみに、ゲーム内で使用出来る女子高生にはそれぞれレベル概念と”特性”がある。

 レベルはステージをクリアすると上がるもので、操作したキャラクターの能力が上がるもの。そして、特性は各キャラクターが持っている能力である。

 例えば、主人公サユリの特性は、回復に対しての恩恵があったり、回復アイテムがなくても仲間を回復できるといったことができる。

スクールガール/ゾンビハンター_ステージ

 各キャラクターの装備が整ったら、ステージを攻略するのだが、あんまりクソゲーには期待すんなよ。

 ステージ攻略中は様々なタイプのゾンビが、謎の空間から突如として現れ、襲ってくる。ゾンビたちは倒すと、いろいろなアイテムを落とすことがある。

スクールガール/ゾンビハンター_結果

 手に入れたアイテムが未鑑定武器だった場合は、ステージクリア後に次回から使える武器として登場する。

 また、ステージは攻略がうまくいくと高評価を得られる。クソゲー故に何度もやりたい思えるようなステージはないが、高評価狙って頑張ろう。

戦闘操作

スクールガール/ゾンビハンター_戦闘操作

 さあ、戦闘がはじまるぞ。戦闘は遠距離武器と近接攻撃を用いて戦う。必殺技とかないから気をつけろ。

スクールガール/ゾンビハンター_遠距離攻撃

 まずはメイン攻撃である遠距離武器を使え。遠距離武器はボタンひとつでズームにして敵を狙うことができる。

 また、銃の弾は無限なので、装填された弾を使い果たしたらリロードして装填し直そう。ただし、リロード中はローリング以外の他のモーションが禁止されるので状況を確認してリロードする必要がある。

スクールガール/ゾンビハンター_近接攻撃

 そして近接攻撃をお見舞いだ。近接攻撃はスタミナを消費するので、連打で使用することはできないが、敵に強力な一撃をあたえることができるぞ。

 ちなみに回避行動や、ダッシュ行動もスタミナを使うので、回避行動と近接攻撃を行う場合は、敵との距離や攻撃のタイミングを見計らうって行う必要がある。

スクールガール/ゾンビハンター_トラップ

 あとは、なんかグレネードみたいな投擲武器とかワイヤートラップがあるから、それつかって適当にゾンビやっつけちゃえ。

 そうそう、あと、なんか服脱いでそれで敵をひきつけるみたいな機能あるけど、そこまで面白い要素じゃないから期待しないほうがいいぞ。

スクールガール/ゾンビハンター_ぞんび

 登場する敵は、死んだ後爆発するゾンビや、ダッシュで追いかけてくるゾンビ、上半身同士がくっついたゾンビ、体が大きいゾンビ、銃を撃ってくるゾンビなどが登場。

 爆発系は、周囲を巻き込んで死ぬので、こちらに対してデメリットにはなるが、使い方によっては周囲のゾンビを蹴散らすのでメリットになる時がある。

やり込み要素

スクールガール/ゾンビハンター_やり込み要素

【難易度】

 ステージにはノーマルとハードの2つが用意されている。

【コレクト】

 装備品を集める。

【ミニゲーム風ミッション】

 任意でできるミッション。ストーリーミッションと内容はほぼ変わらない。

【シャワーを浴びる】

 同じ下着を10分装着していると、シャワーを浴びるシーンが観れる。でも、あんまり期待すんなよ…

【鳥】

 特定のステージにいる鳥を倒すと衣装とか下着が手に入る。

【クリア時間】

 クリア時間はストーリーだけ進めて約6時間。

スクールガールゾンビハンターのプレイ評価/感想

スクールガール/ゾンビハンター_のプレイ評価/感想

 スクールガールゾンビハンターは総合的に見て、どう頑張ってもクソゲーでした。ただし、このブログで紹介した某ゲームソフト2本よりは全然マシなゲーム。

 ステージ攻略はいろいろなミッションタイプがあっていいと思うけど、どれも単調で、ステージも同じ場所ばかりでつまらない。

 特にボス戦は、戦略性皆無で、ボスによってはハメ技をしてくるものもいる。そして、バグって動かなくなるものもいる。

スクールガール/ゾンビハンター_半開きの扉

 また、ステージ途中には半開きの扉が登場するのだが、どう見ても少し体をひねれば入れるような隙間なのに、銃で扉を破壊しない限り通過できない仕様になっていて、びっくりした。

 次に戦闘に関して言わしてもらうと、これもどう頑張ってもくそつまらなく感じた。遠距離攻撃は龍が如くオブジエンドのような感じで、近接攻撃は1モーションのみで行わる。武器選びはぶっちゃけ面白い。

 そしてストーリーによっては一緒に行動するAI仲間がいるのだが、全くもって戦力にならず、逆に邪魔になる可能性が非常に高い。

 女の子は話すとき、口がパクパク動くだけで、少し違和感を感じる。5000円以上出して買うのはやめたほうがいい。1500円くらいが妥当なゲーム。

 以下では、スクールガールゾンビハンターを約4分の動画で紹介。シャワーシーンあり。

アマゾンでスクールガールゾンビハンターの口コミ/評判を見てみる

以上、スクールガールゾンビハンターのプレイ内容を紹介でした!

紳士諸君、時にエロは我々を裏切る。エロに釣られた結果、大きなお金を損失することだってあるのだ。

何事も慎重な判断は大事だぞ!それではまた会おう!閲覧ありがとう!

【Amazon】スクールガールゾンビハンターの最安値を見てみる

コメントを残す