評価:人喰いの大鷲トリコのプレイ内容を紹介

人喰いの大鷲トリコの評価/感想/レビュー/面白い

こんちは!

今回は長年の月日を超えついに発売されたPS4ゲームソフト人喰いの大鷲トリコを評価/感想/レビュー付きで紹介!

今作も、ICOやワンダと巨像のように、ゲーム開始時から謎が多い作品となっているが、はたしてどんな結末を迎えるのか!?

それでは早速行ってみましょう!レッツ!トリコ!

人喰いの大鷲トリコ内容とストーリー

人喰いの大鷲トリコストーリー内容

 物語は謎の模様がついた少年が、謎の遺跡で目覚めるところから始まる。目覚めた場所には鎖に囚われた大鷲の”トリコ”。

 少年は、人喰いと恐れられているトリコを助けるため、自身が目覚めた場所の探索にでることになる。

人喰いの大鷲トリコ_ゲーム目的

 ゲーム目的は”謎の巨大遺跡”からの脱出である。ステージ攻略型のアクションゲームのようにスリルのある演出が多いゲームではあるが、どちらかというとアドベンチャー要素の方が強いゲームであり、また雰囲気を楽しむゲームでもある。

 そして、このゲームには戦闘というものがなく、プレイヤーはただただ敵から逃げるのみとなっている。なので、戦闘に期待をしているプレイヤーはあまりこのゲームはお勧めできない。

人喰いの大鷲トリコ_操作方法

 操作方法は、いたってシンプル。ジャンプ、しゃがむ、物を持つなどの操作を使い、ステージにある仕掛けを攻略していく。

 ただし、このゲームには大鷲トリコを操作するという魅力もある。実際にコントローラーで動かしての操作というわけではないが、トリコに指示を出してステージの仕掛けを攻略していく場合もあるので、新規性のある面白い謎解きができると言っていいだろう。

人喰いの大鷲トリコ_操作画面

 またゲームをプレイしている時は、画面内に操作方法が表示される。なのでちょっと操作を忘れてしまっても、安心してプレイをすることができる。

人喰いの大鷲トリコ_思い出す

 そしてステージを攻略中、仕掛けやステージギミックが分からなくなった場合は、思い出すという操作をすることにより、ちょっとしたヒントをもらうことができる。

 それなりに難しい仕掛けがおおいゲームとなっているので、こういう機能があるのはとてもありがたいことだ。

人喰いの大鷲トリコ_オプション

 その他、オプションではカメラの感度変更や画面の明るさ調整、そして音声の調整などの設定のみできる。

 基本、謎解きや何かに登ったり飛んだりなどのアクション要素しかないので、難易度変更などの要素はなし。セーブはオートセーブ対応。

ジャンル:アクションアドベンチャー
プレイ人数:1

ゲームシステム

人喰いの大鷲トリコ_ゲームシステム

 PS3で人気のあったICOとワンダの巨像。この二つのゲームの要素を取り入れた人喰いの大鷲トリコは、“共に行動する”要素と、”背中に乗る”要素の二つの要素を楽しむことができる。

 どちらの要素も、このゲームではとても大事なものとなっており、一人と一匹の協力がステージ攻略のカギとなる。

人喰いの大鷲トリコ_主人公

 基本は、主人公の”少年”を操作してステージを攻略していく。大鷲は少年の後ろをついてきてくれるが、大鷲の体ではどうしても通れない場所が出てくることもある。

 その場合、主人公である”少年”が先に行ける道を見つけ次のステージに大鷲を導いていかなければならない。

人喰いの大鷲トリコ_ステージ

 攻略するステージは、遺跡内、草原が広がった場所、そして下が見えないほど高い場所など、色々な場所が用意されている。

 少年は、そのステージ内を登ったり、物を運んだり、仕掛けを解いたりして進んでいく。仕掛けは一度悩むと数十分は抜け出せないレベルの難易度となっていて、程よい手強さとなっている。

人喰いの大鷲トリコ

 大鷲トリコは、少年を支えるサポート役として登場する。少年を高い場所に連れて行ったり、頑丈な扉を破壊してくれるといったアクションで少年を次のステージに導いていく。

 そして時に大鷲トリコは指示を聞いてくれることがある。指示を出すことである程度移動する場所をこちら側で決めることも可能なのだ。

人喰いの大鷲トリコ_指示

 また、トリコには移動指示以外にも4つのアクションを指示することもできる。ジャンプさせたり、なぎはらいをさせたりと、少年のしていることを真似てアクションをする。

 トリコに指示をうまくすることもステージを攻略するひとつの要素といえるだろう。

人喰いの大鷲トリコ_かわいい

 餌を与えると喜び、時に健気な大鷲トリコ。冒険中、自分の欲求めがけて直行してしまう時もあるが、その姿がかわいいことに変わりはない。

 冒険のサポートだけでなく、ゲーム内の癒しとしても活躍するトリコには、プレイヤーも一目置くことになるだろう。

人喰いの大鷲トリコ_ヨロイ

 しかし、ここで気をつけておきたいことがある。それは”ヨロイ”の存在だ。ヨロイと言われる敵は、少年を捕まえようとするだけでなく、大鷲トリコを攻撃してくる奴らだ。

 少年はヨロイに対して無力だ。ヨロイに攻撃ができるトリコがそばにいない限り、ヨロイと面と向かうのは避けるべきだ。

人喰いの大鷲トリコ_なでる

 そして大鷲トリコは戦闘後、感情を抑えられなくなる。少年は、大鷲トリコをなでる、あるいは大鷲トリコの体に刺さった槍を抜いてあげることで、感情を抑えさせることができる。

 妙にリアルな大鷲トリコと少年とのやりとりは、プレイヤーを深く冒険に没入させるものとなっている。トリコと少年の切ないシーンで涙がポロリ、ということもありえなくはない。

やり込み要素

人喰いの大鷲トリコ_やり込み要素

【タイムアタック】

 ゲームを5,15,30時間以内のいずれかでクリアするとトロフィーゲット。

【玄人の旅人】

 一度でもゲームオーバーにならずにクリアするとトロフィーゲット。

【衣装】

 少年のコスチューム。

【餌(収集物要素)】

 ステージ攻略にも使う餌だが、それ以外でも存在する餌すべてをトリコに食べさせるとトロフィーゲット。

【クリア時間】

 クリア時間は、エンディング含め約13時間程度。終わりはとても感動できた。がしかし、周回するのは結構きつい。

人喰いの大鷲トリコのプレイ評価/感想

人喰いの大鷲トリコ_プレイ評価/感想

 このゲームは総合的に見て佳作となっている。ストーリーの演出はとても良かったが、地味に不備なところが目立つ作品。

 冒険中は仕掛け要素満載でとても楽しめるものではあるが、トリコに指示が伝わったのかどうか分かりづらかったり、うまく動いてくれない。そして地味にカメラワークが悪い。

 戦闘中とゲームオーバー時のボタン連打操作もかなり面倒で、周回を楽しみたい人にはかなりしんどいゲームとなっている。

 このゲームは主人公の少年と大鷲トリコがどうなるかや、謎解きを楽しむものであって、それ以上のものはあまり期待しないほうがいい、と思う作品。

 グラフィックやトリコの仕草に関してはかなり綺麗で繊細と言える。リアリティ具合は個人的に超GOOD!女性プレイヤーやゲームをあまりしない人(映画が好きな人)はトリコの虜になるかもしれない。なんつって

以下では約12分の動画で人喰いの大鷲トリコを紹介。どんなゲームか気になっている人は参考にしてみてくれ。

アマゾンで人喰いの大鷲トリコの口コミ/評判を見てみる

以上、人喰いの大鷲トリコのプレイを紹介でした!

トリコ恐ろしい動物なのに、超かわいいの。やだわあ〜ぺろぺろしたいわあ

昔飼ってた柴犬を思い出すわ。ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

【Amazon】人喰いの大鷲トリコの最安値を見てみる

コメントを残す