評価/感想/レビュー:PS4この世の果てで恋を唄う少女YU-NOのプレイ内容を紹介

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOを評価/感想/レビュー付きで紹介

こんちは!今回は1996年に発売されたゲーム、この世の果てで恋を唄う少女YU-NOがリメイクとしてPS4に登場!

一体全体どのようなゲーム内容なのか、評価/感想/レビュー付きで紹介!君はこのゲームの謎を解けるか!?

それでは早速行ってみよう!レッツ、ユーノー!

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO内容

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO内容

 2ヶ月前に、この世を去った父親。主人公「たくや」は、義母「亜由美」とともに、とある境町で暮らしていた。ちょうど高校最後の夏休みに入る頃だったその日、ある小包がたくやに届く。

 そこには、なぜか死んだ父親からの手紙と、「宝玉」と言われる道具が入っていた。たくやはその手紙に書かれてある場所「剣の岬(三角山)」に父親がいると思い、早々に向かうことにした。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_操作方法

 操作方法は、ノベルゲームということもあって、シンプルイズザベスト。会話ログを見たり、スキップやオート機能などをボタン一つで行える操作となっている。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_オプション

 オプションでは、特定のキャラクターボイスを消音にしたり、音量を変更したりするといったことが可能だ。また、ちょっとした謎解きをコンピューターに任せるといった機能も用意されている。

ジャンル:アドベンチャー
プレイ人数:1

ゲームシステム

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_ゲームシステム

 このゲームでは、プロローグが終了すると、早速アドベンチャーが開始される。アドベンチャー部分では、「A.D.M.S」と言われるマップを利用して、ある特定の時間軸を探索することになる。

 いろいろなところを訪れ、特定のキャラクターとイベントを起こすと、時間は進んでいき、最後にはそれぞれの分岐ルートの終わりに到達するようになっている。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_宝玉

 プレイヤーは、主人公「たくや」を操作し、たくやの持っている宝玉を使って、A.D.M.Sマップ内に移されている、時間軸を移動することで、多くの謎の真実を暴いていく。

 宝玉は、任意で設置する、クイックセーブ的なもので、ここからルートが分岐しそう、と思ったところに置いたり、アイテムを手に入れたら突破できそうなところに置いたりすることで、進行を優位に進めることができる。

 また、マップ内には、手に入れていない宝玉も用意されてある。一度手に入れた宝玉は、その先永続的に使えるので、A.D.M.Sのマップ内で光っているところを見つけたら、そこら辺をくまなく調べてみよう。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_イラスト

 アドベンチャー要素は、触る、話す、調べる、アイテムを使う、で構成されており、ある時間帯のある場所では、特定のアイテムが手入ったり、ちょっと変わった会話イベントがあったりと、細かいこだわりを感じる。

 また、シナリオ内には、美麗なCGイラストが多数用意されている。エッチなイラストが多いので、紳士諸君は大歓喜間違いなしだ。

やり込み要素

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO_やり込み要素

【ルート分岐】

 いろいろなシナリオを分岐を楽しめる。

【イラスト収集】

 ちょっぴりエッチなイラストを含めたイラストが多数用意。

【クリア時間】

 一週目のクリア時間は約9時間。周回後は、スキップ多用で、約3時間ほどで違うエンディングに到達。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの評価/感想

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの評価/感想

 PS4版この世の果てで恋を唄う少女YU-NOを総合で評価すると、良作です。ルート分岐は面白いが、すごい演出があったりとかはないので、PS2などでも十分な作品と言っていいだろう。

 ストーリーは、心理学的な言葉が多く出たり、科学的な話が出たりして面白いとはおもうが、性に関する内容が刺激が強いものとなっている。例えば、主人公と義母が関係を持ったり、実の父親と穴兄弟になったり、ヒロインを寝取られたりと、結構人を選ぶような内容だ。

 また、シナリオ進行中に登場する演出は、ほぼCGイラストだけで、イラストのヒロインが目がパチパチするといった動作が用意されているだけ。アニメーションはOPのみ。ちょいエロイラストがあるのがほんの救い。

 アドベンチャー要素は、自身でどの時間帯のポイントに飛ぶかを考えたり、アイテムをどこで使うかを慎重に考えないといけないので、それなりに面白いと感じる。

 ルート分岐は結構多く、いろいろなバッドエンドとハッピーエンドを見ることができる。他のルートでしか見れない真実などもあるので、やっていてつまらないとは感じない。

 以下では、この世の果てで恋を唄う少女YU-NOのプロローグ部分を約13分の動画で紹介。

アマゾンでこの世の果てで恋を唄う少女YU-NOの口コミ/評判を見てみる。

以上、この世の果てで恋を唄う少女YU-NOのプレイ内容を紹介でした!

主人公は18歳なのに、なかなかアダルティな物語内容でした!特に女性関係でアダルティすぎてびびったわ!

日本のゲームは永遠の輪廻から抜け出せない系が多いイメージ。やっぱり仏教的な思想が根強いのかな?

ということで、今回はここまで!閲覧ありがとう!

【Amazon】この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの口コミ/評判を見てみる。

コメントを残す